プロが解説する不動産査定サイトの違い

これから家の売却を考えている方は必見です

買い替え・住み替えなどで、マンション売却を検討されている方も多いと思います。そんな時、気軽に売却価格の目安を知りたい場合には、マンション査定サイトの活用をお勧めします。

しかし査定サイトは数多く存在するため、どの査定サイトを選べばよいのか迷うところです。

そこで今回お勧めする査定サイトは、不動産のプロが選んだものの3つです。以下に査定サイトと3つのお勧め査定サイトの概要を解説します。

マンション査定サイトとは?

複数の不動産会社にマンション売却価格査定を一括して依頼できるWEBサイトです。メリットはインターネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも査定依頼することができます。

査定結果もメールなどで受け取ることができます。複数の査定結果を比較・検討できます。

1.「すまいValue」

大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト

不動産売却ポータルサイト「すまいValue」は、不動産業界をリードする大手6社が運営し、マンション売却のお手伝いをします。

マンション販売価格や取引価格、周辺環境や維持管理状況、マンション概要など幅広く調査し、査定価格を算出します。

  1. 三井のリハウス
  2. 小田急不動産
  3. 東急リバブル
  4. 野村の仲介
  5. 三菱地所ハウスネット
  6. 住友不動産販売

Δ不動産大手6社の運営

すまいvalue 公式ページ

すまいValueの3つのセールスポイント

見積もり・打合せ・営業マン

不動産大手6社の運営ならではの3つのセールスポイントを売りにしています。

安心感がある トラブルなく安心・安全に 取引できた割合 96.7% 1都3県にお住いの30歳以上の男女で、不動産売却経験が過去3年以内にある方を対象
相談できる 全国での6社合計の店舗数 870店舗 2019年4月10日時点 (賃貸専門店も含む)
売却力がある 6社合計の成約件数 2018年度 11万件以上 2018年度実績 (2018年4月~2019年3月)

申込の流れ

査定フォームに必要な情報を入力し、送信すれば完了します。後日、各社から提案内容が送られ、要望にあった会社の選択ができます。

  1. 必要情報の入力・送信、一括査定の申込完了
  2. 後日、各社から査定結果の連絡
  3. 各社の提案内容確認、要望に合った会社の選択

査定入力項目

書類

家を購入した時の資料があれば、2~3分ほどで入力できます。

物件情報

  • 物権種別…一戸建て、マンション、など
  • 所在地
  • 建物面積 ㎡or坪
  • 土地面積 ㎡or坪
  • 築年数  2000年築 など
  • 間取り 3LDK、4LDK、など
  • 所有者情報 本人所有、など

アンケート

  • 査定理由 買い替え、住み替え、など
  • 査定方法 簡易査定、訪問査定(実際に物件を見て査定する)

お客様情報

  • お名前
  • 年齢
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 現住所 物件所在地と同じ
  • 個人情報の取扱い 同意の上、査定を依頼する
  • 査定を依頼する会社 会社選択 上記6社から選択

すまいvalue 公式ページ

実際にマンション情報の入力をして査定依頼をしましたが、1分後にはメール返信での挨拶分が届き、3分後には確認の電話連絡が入りました。非常にスピード感のある対応でした。

2.「LIFULL HOME’S」

不動産会社が1700社以上登録している一括査定サイト

住み替えでの売却希望、相続での家・土地の売却希望、現金化、そんな願いに応えて売却査定を依頼で

きる無料サービスです。

HOME’S 公式ページ

HOME’Sが選ばれる3つのポイント

安心、安全、加盟社数がポイントです。

安心して査定依頼

独自の掲載基準により、適合した不動産会社を掲載します。情報公開の自主規制ルールに従ったWEBサイトとして、「不動産情報サイト事業者連絡協議会」からも評価されています。情報不具合のあった不動産会社に対して、規定によりペナルティを課し、不動産業界の改善に貢献しています。

安全にご利用

当WEBサイトの利用により、個人情報やマンション情報が公開されることは一切ないよう配慮されています。厳重な情報セキュリティが施行されています。

全国の加盟社数は1,760社

加盟不動産会社の特色が把握できる情報が豊富に取り揃えてあり、会社の選択ができます。マンション情報入力後、査定依頼できる会社情報の一覧を見て選択することができます。

どんな不動産会社が登録されているか一部ご紹介します。

朝日土地建物 朝日リビング 住友林業サービス
京王不動産 ケーコーポレーション 明和地所
東武不動産 三菱UFJ不動産販売 近鉄不動産
三井住友トラスト不動産 積和不動産中部 三交不動産
日本住宅流通 ハウスドゥ! 福屋不動産販売

査定依頼できる不動産会社(全国1,760社から一部抜粋)

一括査定依頼の流れ

マンション

複数の不動産会社に一括査定依頼を行います。

  1. 物権種別・所在地選択…売却物件の種別と所在地の選択をします。(マンションor一戸建て)
  2. 情報入力…物件情報、お客様情報を入力します。
  3. 不動産会社選択・査定依頼…加盟各社の情報を比較し、合いそうな会社を選択し、査定依頼送信
  4. 不動産会社から連絡…3営業日以内にメールもしくは電話で連絡がきます。

HOME’S 公式ページ

査定入力項目

入力内容は「2.すまいValue」の「2-3.査定入力項目」とほぼ同じです。

3.「おうちダイレクト」

Yahoo!JAPANが運営する不動産一括査定サイト

不動産売却ポータルサイト「おうちダイレクト」は、大手不動産会社、フランチャイズ会社、地元密着会社などの様々な企業が無料で査定を行います。

大京穴吹不動産 大阪宅建協会
大成有楽不動産販売 東宝ハウスグループ
CENTURY21 オークラヤ住宅
ロイヤルハウジング 京急不動産
ポラスグループ SRE不動産

おうちダイレクト公式ページ

「おうちダイレクト」の特徴

色々な特徴を持つ不動産会社が無料査定

色々な特徴の不動産会社に一括依頼できます。様々な売却査定結果が送られてきますので、比較検討できます。

  • 大手デベロッパー系不動産会社…マンション開発・販売が得意で実績豊富
  • 大手仲介系不動産会社…土地、戸建て販売が得意で実績豊富
  • 地元密着系不動産会社…エリアでの実績販売が豊富
  • フランチャイズ系不動産会社…ネットワークを活かした買い替えが得意

独自の販売活動で不動産売却を支援

高く売却するには、購入検討者に数多く閲覧していただく必要があります。「おうちダイレクト」なら、売却依頼後、構成企業のネットワークとYAHOOの独自の販売活動で支援します。

査定の流れ

  1. 不動産情報入力…入力フォームに情報入力、会社選択し、査定依頼を送信
  2. 査定結果の連絡…提供情報を基に、各社査定結果を連絡
  3. 査定結果の比較・検討…自身に合った査定結果の会社に連絡・相談

おうちダイレクト公式ページ

査定入力項目

入力内容は「2.すまいValue」の「2-3.査定入力項目」とほぼ同じです。それ以外に任意での入力として、下記項目があります。

  • 売却希望額…万円
  • 賃貸希望額…万円
  • 接道状況…1方向に接道、2方向に接道、3方向に接道、4方向に接道、不明
  • 接面道路… 北、北東、東、南東、南、南西、西、北西
  • 土地の形状…整形地、旗竿地(府整形地)、どちらでもない、不明
  • リフォーム状況…リフォーム済、リフォーム完了、不明
  • 買い替えについて…買い替え予定無、買い替え先決定、買い替え先紹介希望、不明
  • 査定物件の良い点
  • 査定物件の悪い点

一括査定サイトのまとめ

3社の比較しました

以上、不動産のプロが進めるマンション査定サイトをまとめると下表の通りです。

すまいValueLIFULL HOME’S おうちダイレクト
サービス開始期間 2016年10月 1997年4月 2015年11月
利用者数 100万人(推定) 476万人 500万人(推定)
対象エリア 全国 全国 東京都および首都圏
大阪府および近郊
愛知県
札幌市、福岡市
提携会社数 6社 1,760社 10社
同時依頼数 1~6社
(地域による)
1~10社
(地域による)
1~10社
(地域による)
運営会社 小田急不動産
住友不動産販売
東急リバブル
野村不動産アーバンネット
三井不動産リアルティ
三菱地所ハウスネット
LIFULL YAHOO SRE
ホールディングス

この3つの査定サイトを同時に利用して、マンション売却価格の査定をしてみるのも良いと思われます。


「住みかえ王子」では、家づくりや家探しなどの住みかえの疑問について、アドバイザーに無料でご相談いただけるサービスを提供しております。フリーダイヤルまたはLINEでのご相談も可能です。詳しくは以下をクリックしてください。


マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条
平野直樹
不動産コンサルタント、水辺プロデューサー。アパート、マンション3棟所有:自主管理、不動産WEBサイト数社へ不動産記事投稿、不動産投資、資産組換えのアドバイス、水辺を中心としたまちづくり活動を企画、治水・親水の両立を目指す。資格:1級建築士、1級土木施工管理技士、宅地建物取引士