不動産を買い替える際、売却と購入はどちらを先にした方がよいですか?

0
1900
引越し

住み替えを検討している場合、元の家の売却と新しい物件購入とどちらが先にしたほうがいいのでしょうか?手順を不動産のプロに聞いてみました。

読者からの質問

不動産を買い替える際、売却と購入はどちらを先にした方がよいですか?

不動産のプロからのアドバイス

売却する不動産の性質を見極めましょう

プロとして購入先行をおすすめしたいケース

例えば、超人気エリアにある人気物件の場合。売り出せばすぐに売却が見込めますし、値引き交渉もあまりないでしょう。しかし購入物件を時間かけて厳選するひまもありません

プロとして売却先行をおすすめしたいケース

また、不動産取引の落ち着いたエリアや需要の低い物件の場合には、半年から1年たっても売却できないということも少なくありません。

本来、購入と売却のどちらを先行するにしても一長一短あり、どちらが優れているかということはありません。

しかし、このように売却物件の性質によっては明確に判断できます。
まずはご自身の売却する物件の性質を客観的に検証してみることをお勧めします。

続いて購入先行と売却先行それぞれのメリットデメリットをお伝えします。

先に住み替え不動産を購入するメリットとデメリット

【メリット】

  • 仮住まいなど次の住居の心配がない
  • 転居スケジュールが立てやすい

【デメリット】

  • タイムリミットが迫れば安売りしてしまう
  • 売却が遅れた場合には資金不足してしまう
  • 売却できなければ購入物件をキャンセル

購入先行の場合、資金面に未確定の要素があるため、不安をぬぐいきれない部分もあります。
しかし、新居の購入によって気持ちが明るく前進志向になり、売却活動にも前向きに取り組めるようになります。

昨今の動向として、人気エリアの新築物件などは即日完売するなどスピーデイーな傾向もあります。
欲しい物件をある程度絞り込めている場合、売却が決まってからと考えていると、みすみす物件を逃してしまう恐れも。

また、購入物件のキャンセルについては違約金が発生することもあります。
資金面での不確定さがありますので、資金面でゆとりのある人なら買い先行がお勧めです。

先に元の不動産をするメリットとデメリット

【メリット】

  • 資金面での心配がなくなる
  • 購入計画の予算が決めやすい
  • 売却の遅れや不成立時のリスクがない

【デメリット】

  • タイミングが合わなければ賃貸住宅等に仮住まい
  • 売却が長引けばモチベーションの減少も

購入先行と表裏一体と言える長所短所です。売却価額が確定するので、資金計画の安定を確保できる点がとても大きいです。

買主への引き渡しや買い替え先への入居などのタイミングによって生じてしまう仮住まいの出費は厳しいところです。しかし、タイムリミットによる安売りや購入物件のキャンセル(違約金)という金銭的なリスクに比べれば、仮住まいの費用の方が比較的安く済むことが多いです。

モチベーションも大切です。なかなか売却が決まらずに月日が経過することで、買い替えに対する気持ちに陰りが生じます。買い替えを諦めて、今の住まいのリノベーションへ舵取りを変更する人もいます。

後でブレないように買い替えの動機をしっかり決めておくと良いでしょう。

また、購入と売却の同時進行という選択も有効です。その場合は購入と売却のどちらか決まった時点で、上記の購入先行か売却先行の路線確定となります。