退職金で住宅ローンを一括返済するメリットとデメリット

0
173
マンション

住宅ローンには金利があり、返済期間が長引くほど金融機関に返済する金額は大きくなります。そのため退職金で住宅ローンを一括返済し、返済総額を減らそうと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、退職金で住宅ローンを一括返済するのにはメリットだけでなくデメリットもあります。両者について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

退職金で一括返済するメリット

男性

メリットは大きく分けて2つあります。

一括返済のメリット①:総返済額が減らせる

不動産を購入する場合、ほとんどの方は金融機関で住宅ローンを組み、お金を借りています。住宅ローンには金利があります。金利とはいわば利息のこと。金利は残債に対して掛けられるので、退職金で一括返済すれば、退職時から完済までに払うはずだった利息を支払う必要がなくなります。

つまり、一括返済することで総返済額が減らせるわけです。

一括返済のメリット②:金利の動向を気にしなくてよくなる

住宅ローンの金利には、「固定金利」と「変動金利」の2種類があります。固定金利はその名の通り一定期間金利が固定されているもので、変動金利は景気などに合わせて金利が変動します。固定金利は、金利が変わらないので返済計画が立てやすいですが金利は高い傾向にあり、変動金利は固定金利より低い金利から始まりますが、将来的に金利が高くなるかもしれないというリスクがあります。

変動金利型の住宅ローンを組んでいる場合には、金利が変わることで総返済額が増えることがあります。退職して収入がなくなったり減ったりする状況において金利が上がるかもしれないと気にするのはストレスになるでしょう。退職金で一括返済すれば、その心配はなくなります。住宅ローンを組む段階から、退職金で一括返済すると決めておけば、退職までの金利変動も過度に気にしなくてよくなります。

関連記事

退職金で一括返済するデメリット

住宅ローン

つづいて、デメリットについて紹介します。

一括返済のデメリット①:繰り上げ返済時の手数料

退職金で一括返済することは、本来の予定より早く返済する「繰り上げ返済」の一種です。金融機関によっては繰り上げ返済を行う際の手数料として数万円かかってしまうことがあります。窓口よりもインターネットバンキングの方が、手数料が安いことが多いです。しかし、一括返済の場合は窓口でないと受付していないということもあるので注意が必要です。

いずれにしても、一括返済を行う際には、まず手数料について確認してください。

一括返済のデメリット②:生活に支障が出るリスクが高まる

繰り上げ返済は利息額の減少に直結するので、できる限りしておきたいと考えるのが一般的です。しかし、繰り上げ返済にこだわりすぎると手元に残るお金が少なくなり、いざというときにお金に困ってしまうといった本末転倒な事態になりかねません。

繰り上げ返済をするために日々の生活が苦しくなるというのは、望ましい状況とは言えません。特に退職後は月々の収入が減ります。60歳で定年を迎え退職する場合は年金が支給される65歳まで収入がなくなるという方も多いです。そのような状況のときに、手持ちのお金を大きく減らしてまで一括返済にこだわるのは得策でないかもしれません。

一括返済する目的を考えよう

女性 パソコン

退職金で一括返済することで、返済総額が減ることは間違いなくメリットです。しかし、それもバランスです。一括返済をして返済総額が100万円単位で変わるのならまだしも、数十万円の違いであるのなら、無理に手元のお金を大きく減らしてまで一括返済しなくてもよいと考える人もいるでしょう。

一括返済をするのは、返済総額を減らすためです。では、返済総額をなぜ減らしたいのでしょうか。それはきっと安心して老後を過ごすためでしょう。で、あるならば退職金を使って一括返済をするかどうかは、「一括返済をすることで老後の生活が豊かになるかどうか」が判断基準になります。

仮にしっかりと貯蓄があるのなら退職金を使って早めに返済を終わらせることには大きなメリットがあるでしょうし、退職金を生活費として充当させるつもりなら一括返済がかえって首をしめてしまうことになります。

金利が低い時代の考え方

現在住宅ローン金利は非常に低い状態です。金利が低いのなら時間をかけて返済をしても返済総額は大きく変わりません。しっかりと見極めて一括返済をするかどうかを決めるとよいでしょう。

万が一の事故で支払いができなくなったらどうするかという不安があるかもしれません。しかし、住宅ローンには「団体信用生命保険料」というものが基本的に金利に組み込まれています。これは住宅ローンの返済中に契約者が亡くなってしまった場合などに、ローンの残債をすべて弁済してくれる生命保険です。つまり万が一払えなくなるリスクにはある程度対応できているわけです。そのため、一括返済で返済額を減らすことよりも、老後の生活基盤を安定させることに注力してもよいとも言えます。

退職金で住宅ローンを一括返済:まとめ

住宅

今回は退職金で住宅ローンの一括返済をするメリット・デメリットについて解説しました。

住宅ローンにおいてはどうしても金利が気になるもの。しかし返済を早めるために繰り上げ返済や一括返済を行うことで、かえって生活が苦しくなる場合があることはしっかりと頭に入れておくべきでしょう。繰り上げ返済・一括返済をするのなら、先のことだけでなく今のことも考えて後悔のない選択をしてください。

監修者:鈴木 良紀

監修 鈴木

経歴:東京理科大学卒業。大手ゼネコン、ディベロッパー、不動産ファンドを経て、(株)ウィルゲイツインベストメントの創業メンバー。不動産、法律に広範な知識を有し様々なアセットのソリューションにアプローチ。保有資格:宅地建物取引士、ビル経営管理士、一級土木施工管理士、測量士補。執筆活動:投資僧