不動産の売却と購入の同時進行はできますか?

0
4525
マンション

家の買い替えは新しい家も欲しいし今の家の売却もしたいところ。同時進行ってできるのでしょうか?プロに聞いてみました。

読者からの質問

不動産の売却と購入の同時進行はできますか?

不動産のプロからのアドバイス

マンション

売却と購入・同時進行を成功させる3つの要素

スケジュール管理

買い替えはスケジュールの調整がとても難しい不動産取引です。本人にとっては「住み替え」という一つの行動です。しかし、売却と購入という二つの行動(売買)を、しかも同時に行うのです。高額な取引ということもあり、取り扱いには特に注意が必要となります。注意すべき項目の一つに「スケジュール管理」があります。同時進行と言っても、売りも買いも別々に進行しています。買い物件と買主が同時に発見できる可能性はかなり低いです。ほとんどの場合はどちらかが先に見つかります。

そして多くの場合は、先に見つかった方の進捗に合わせてもう一方を見つけることになります。具体的には、売却が先に決まれば、自宅の引き渡しまでに入居できる買い替え物件か最低でも仮住まい先を見つける必要があります。

購入が先に決まれば、その引き渡しまでに自宅を売却して売却代金を領収しなければなりません。自分や相手方にも買い替えや住宅ローンなどがあればその日程も影響してきます。間に合わなかった場合には契約解除や解約金などのマイナスの生じる恐れもあります。各工程のスケジュールの把握がとても重要となります。

堅実な資金計画

女性 パソコン

ほとんどの人は自宅の売却代金を購入資金へ回すことになります。売却価格が当初の見込みよりも著しく低い場合には、購入計画に大きな支障が生じることになります。

自己資金で補てんするか融資額の増加など金銭面での負担が多くなります。また、売却しても残ってしまうロ-ン(残債)のある場合には、買い替え物件のローンと合算して返済する「借り替えローン」を利用することもありますが、借り換えローンは比較的審査の厳しいローンですので、融資額の増加ができない恐れもあります。

金利の高い無担保ローンを別途借り入れるという負担増加につながります。このため、当初の資金計画を堅実に作成することが大切です。売却物件の査定額、そして購入物件の予算。更に税金や諸経費なども忘れずに。これらを安易に扱わずに、一つ一つしっかりと精査する必要があります。

バランス感覚

前述のように売却と購入という二つの売買を同時に行います。スケジュールや資金面の状況判断や取引の意思決定など、バランス感覚が非常に重要になります。例えば、査定通りに売却が決まるかどうか見定まっていない段階で、良さそうな買い替え物件が出たからと飛び付いたりしないこと。

しかし、本当に良い物件には速やかに買付を入れること。売却の場合の値下げの判断も同じことが言えます。また、引き渡しまでの期間の長短に応じて、売買物件の選定やタイミングの設定にもバランス感覚は必要でしょう。自分一人のバランス感覚を信じていては失調してしまった時に気づくことができません。 不動産会社の担当者と二人三脚でバランスをとりながら同時売却を成功させましょう。

関連記事