不動産の査定で便利な一括査定サービスを徹底比較

0
2415
一括査定サービス

不動産を査定する方法として一括査定サービスがあります。このサイトは一度不動産情報を入力するだけで複数の不動産会社に査定を依頼出来るというサービスです。今回は複数ある不動産一括査定サービスを比較します。

加盟会社数や使い勝手が重要

信頼のできる不動産会社と出会えるか?

どの不動産一括査定サービスが良いかは加盟不動産会社数やサイト自体の使い勝手によります。それらを加味した上でどのサイトが一番自分によって良いかを見極める事が大切です。

今回は「すまいValue」「イエウール」「スマイスター」「オウチーノ」「イエイ不動産」「リガイド不動産一括査定(旧:SBI不動産一括査定)」という大手6社の不動産一括査定サービスを比較します。

大手6サイトの比較

不動産一括査定サービスとは?

そもそも不動産一括査定サービスとは何でしょうか?

不動産を査定する方法は様々です。例えば、近所の不動産会社へ直接行って査定依頼をすることも出来ますし、インターネット経由で査定依頼をすることも出来ます。しかし、複数の不動産会社に査定依頼をすることが多いので、いちいち会社毎に物件情報などを記入するのが煩わしいという事が多く聞こえました。

そんな不満を解消するために不動産一括査定サービスは生まれました。エリアや広さなどの物件基本情報をインターネット経由で入力するだけで複数の会社に査定依頼が出来ます。更に、ほとんどの不動産会社が1~2営業日程度で査定額を提示してくれるので、一度に査定額を比較し易いというメリットがあります。

参画会社数の比較

不動産一括査定サービスで一番大事なことは参画会社数の数です。参画している会社が多いほど自分の不動産を高く査定し、高く売却している不動産会社に出会える可能性が上がるからです。

今回の6社で比較をしてみると、

  • 1位:イエウール(1200社)
  • 2位:イエイ不動産(1000社)
  • 2位:スマイスター(1000社)
  • 4位:オウチーノ(500社)
  • 5位:リガイド不動産一括査定(300社)
  • 6位:すまいValue(6社)

となっており、ベスト3位の3社が断トツに多い結果になりました。

6位の「すまいValue」は少ないですが、三井のリハウスや野村不動産など大手のみが参加しているためです。

査定を実施するエリア、不動産種類

日本地図

査定を実施するエリアや不動産の種類に関しても重要な要素です。査定をするエリアが関東圏や関西圏だけだったり、「マンション」「戸建てのみ」だったり、エリアや不動産の種類を限定してしまうと、どうしてもニーズが偏りユーザーから支持されないサイトになってしまいます。

ユーザーから支持されないサイトになってしまいますと優良不動産会社がサイトから離れていく、もしくは参画しなくなってしまいますので、サイト自体の質が落ちてしまうのです。

結果をお伝えすると、6サイト全て全国どこでも査定が出来、マンションも戸建ても大体の不動産が査定対象であると言う結果になりました。エリア、不動産種類による優劣はありませんでしたので、そこを基準にサイトを選ぶ必要はありません。

会員数での比較

続いて会員数の比較です。今はどの業種のどのサイトでも「口コミ」が存在します。勿論、口コミを全て信じている人はいないと思いますが、どのサイトを選ぶかの参考になることが多いのも事実です。

会員数が多いと言う事は利用した人の口コミを見たり聞いたりしてサイトを利用した方が多いという可能性があり、会員数がそのままサイトの信頼度に繋がり易いのです。

  • 1位:イエウール450万人
  • 2位:イエイ不動産300万人
  • 3位:オウチーノ180万人
  • 4位:スマイスター:40万人程度(年間4万人程度、サイト設立から9年)

という結果になりました(すまいValueとリガイド不動産一括査定は公表しておらず)。ここでもイエウールが一位という結果になりました。

サイトの使い勝手

最後にサイトの使い勝手です。当然、自分自身が使い易いというメリットもありますが、サイトの使い勝手が良いと言う事は日々ユーザーの声を吸い上げて改良を加えているという事です。

つまり、今後も新しいサービスなどユーザー視点に立った対応をしてくれ易いと言う事にも繋がりますので、サイトの使い勝手は重要になります。サイトの使い勝手は、使う方の好みに分かれますので、ランキング形式ではなくそれぞれのサイトの特徴をお伝えします。

すまいValue

非常に簡単です。最初に、物件種別(マンション 戸建てなど)と住所情報を入れてスタートします。

その後、専有面積、築年数、必要な個人情報などを入れるだけですので、1,2分で査定申し込みが完了します。

すまいvalue 公式ページ

イエウール

非常にシンプルな作りです。「余計な情報(例えば「家を高く売るためには?」などのコンテンツ)は一旦不要なので、まずは早く査定依頼をしたい」と言う方には一番良いと思います。勿論、サイト内のコンテンツの中には色々なアドバイスが記載されているコンテンツもありますので、それらで学ぶことも可能です。

イエウール 公式ページ

イエイ不動産

1ページでほぼ全てのコンテンツが収まっている構成です。色々なリンクから別のコンテンツに飛ぶ必要がないので、1ページで全て完結したい方にはお勧めです。但し、デメリットしては1ページに全て収まっている分サイト自体は重いです。

イエイ 公式ページ

オウチーノ

色々な不動産を持っている方は一番使い勝手が良いサイトです。「マンション」「戸建て」「土地」「リフォーム」「田舎暮らし」など、様々な目的別にコンテンツが容易されておりタブが分かれていて非常に分かり易い構成になっています。

スマイスター

オウチーノと構成が似ていますが、オウチーノ程様々な用途には対応していない分、「査定だけしたい」という方のニーズは捉えています。イエウールとオウチーノの良いところで構成したイメージです。

リガイド不動産一括査定

オウチーノをシンプルにした構成です。ALL ABOUTなどの記事をよく見る方や、必要最低限の構成が好きな方は使い易いです。

これらを加味した上で、それぞれの用途や目的、好みに合わせて使い分けてください。

まとめ:結局は自分の好み

一度サイトを見てみよう

最終的には自分の好みの問題になりますので、会員数や参画企業数をチェックした後は、自分でサイトを見てみましょう。最初の印象で使い易いかどうかは分かると思います。

一括査定の後にも様々な調べものをする事があると思いますので、使い易さは非常に重要な要素になります。