残念ながらあなたを騙そうとする「悪徳不動産業者」が存在します。
不動産会社の協力なしに、マンションを好条件で売ることはできません。ですから、不動産業者の選び方はとても大事なのです。

悪徳な不動産業者に注意❕

マンションなどの自宅を売るときは、「不動産会社は、売主の利益を最大限考えてくれるもの」と思い込んではいけないのです。もちろん多くの不動産会社はあなたのよきパートナーとなり、マンション売却をサポートしれくれるでしょう。

しかしその一方で、「悪徳不動産業者」が存在するのも事実。自社の利益しか考えない悪徳不動産業者にマンション売却を依頼してしまえば、あなたの利益は損なわれてしまいます。マンションという高額なものですから、それはあなたの人生にまで影響する一大事。なんとしてでも避けなければなりません。 

今回はマンションを売却する全ての人が知っておくべき「悪徳な不動産業者に騙されないための見分け方」を解説します。
(投資物件の購入や賃貸のケースは対象外です)

悪徳不動産業者の3つの手口

まずは悪徳不動産業者がどんな手口でマンションの売主を騙すのか、そしてそれはあなたにとってどんな不利益となるのかを見ていきましょう。

①価格を安くさせる

不動産やマンション査定、買取

マンションの売り出し価格は、売主が自由に決めることができます。とはいえ相場や市場の動きを考えながら価格を決めなければならないので、このときの不動産会社のアドバイスは重要です。 

しかし「少しでも高く売りたい」という売主に対し、実は、不動産会社は「少しでも早く売りたい」と思っているもの。不動産会社からしてみれば、早く売るために「安く売りたい」というのが本音なんですね。この時点で両者の目指すところには相違があるわけです。 

ただ売主の利益を考えるのが不動産会社の役目ですから、多くの不動産会社は専門的な観点とともに売主の意向を最優先に考えて売り出し価格へのアドバイスをしてくれるはずです。 

悪徳不動産業者はご想像の通り、「少しでも早く売りたい」ということを優先させるため、価格をどうにかこうにか安くさせようとしてきます。 

  • 「それじゃ売れませんよ」 
  • 「価格を下げる必要があります」 
  • 「不動産相場は下がってますよ」

などと事あるごとに売主に進言してくるでしょう。その口車にのって価格を下げていけば、早く売ることはできるでしょうが、当然ながら売主にとっては不利益な結果となってしまいます。

②売却活動をしない

内覧

媒介契約だけ結んでおいて、売却活動をほとんどしないという手口もあります。なぜ悪徳不動産業者は売却活動をしないのか?というと、次の2つの点が考えられます。

 1、ノルマの存在「媒介契約」が欲しいだけ

 不動産会社の営業担当者には、「ノルマ」というものがあります。契約数や売上げのノルマもありますが、多くの場合、「媒介契約数」にもノルマがあるものなんです。そのため売主に上手いこといって媒介契約だけ結ばせて、「売りにくいマンションだなぁ」と思えばろくに売却活動をしないという担当者も存在します。売ってもらうために媒介契約をするのですから、売主からしたらとんでもない話です。

 2、反響を故意に少なくさせて、価格を下げさせるため 

売却活動をしなければ、買い手からの反響も少ないままです。しかし、売却活動がされていないとは夢にも思わない売主からすれば、少ない反響は「価格が高すぎるから」だと思うでしょう。 「今週も反響がありませんでした」 「内見希望が入りませんね…」 

自作自演にも関わらずこのように売主に伝え、価格を下げさせ早期売却を図るということです。

③囲い込み

マンション査定のポイント

自社の利益を優先させるために、「両手成約」しか目指さない悪徳不動産業者もいます。 両手成約とは、売主も買主も自社顧客で売買契約を成立させるということです。報酬は、他社に客付された場合の2倍になるということですから、多くの不動産会社は両手成約を目指します。

 しかし「故意に」両手成約をするのは悪質な行為です。なぜなら、それには物件情報を「囲い込む」必要があるからです。 「囲い込み」とは、物件情報を他社に公開しないということ。そうすることで、100%自社で買主を見つけることができます。

でもそれって、売主の利益を完全に無視している行為ですよね。他社に情報を公開しないとうことは、売却のチャンスを著しく損なわせているということです。限られた中で買主を探すとなれば、時間もかかりますし、価格を安くする必要性も出てきます。 

自社の利益しか考えずに囲い込みをするような悪徳不動産業者に当たってしまったら、早期売却と高額売却、両方のチャンスを損ないかねません。

悪徳不動産業者の見分け方

ここからは悪徳不動産業者の見分け方を3つ紹介します。 

①行政処分歴を確認 

まずは不動産会社に行政処分歴があるか調べてみましょう。 過去に処分歴がある不動産会社は、国土交通省の「ネガティブ情報検索システム」で確認することができます。

このサイトでは、過去5年間に悪質な営業や業法違反によって罰則を受けた不動産会社を調べることができます。 トップページから「宅地建物取引業者」をクリックすると以下の画面にとぶので、「検索メニュー」から検索してみてください。 

②営業担当者の「言葉」をよく聞きましょう 

不動産の相談、不動産業者

不動産会社や営業担当者が信頼できるかは、彼らの「言葉」からも図ることができます。 

「絶対売れますよ~」 「この価格にすれば、必ず買い手が出てきます!」 このように「絶対」や「必ず」という言葉を使う営業担当者には、気をつけた方がいいでしょう。 

不動産売買において、「絶対」はありません。不動産会社の仕事は、売主の利益や意向を考えながら、売却にいたる可能性を高めていく作業。どんなにいい物件でも、どんなに価格を下げたとしても、100%売れるわけではないのですから、安易にこのような言葉を使う担当者は信用に値しません。もしくは業界のことをわかっていないとも判断できます。 

③「仲介手数料無料」「半額」には注意! 

高額な仲介手数料。売主は、「なんとか割り引いてもらえないかな?」と思うでしょう。しかし仲介手数料を「無料」や「半額」にしている不動産会社には要注意です。 

仲介手数料は、不動産会社にとって唯一の収入源です。それを無料や半額にできるという裏側には、先ほどお伝えした「囲い込み」の手口をしている可能性があります。つまり「両手成約にして買主から仲介手数料をもらうから、売主からは別にもらわなくてもいいや~」と思っている悪徳不動産業者の可能性があるということです。

悪徳不動産業者に騙されないために

事前の見極めが大事

悪徳不動産業者を見分けることは、容易ではありません。しかし、媒介契約を締結してから気づいても遅いんです。場合によっては、媒介契約期間内の解約は違約金を請求されることもあります。 

そのため悪徳不動産業者かの見極めは、媒介契約の前、つまり相談したとき、または査定をお願いしたときに判断すべきです。

今回は3つの見分け方を紹介しましたが、鉄則は不動産会社を比較すること。複数社を比較して、はじめて1社1社の専門性や信頼度が見えてくるものです。

マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条
亀梨 奈美
幼い2人の娘の子育てをするママライター。大手不動産会社退社後、フリーライターとして独立。不動産業界に携わって10年余り。自身の経験を活かし、また主婦としての目線から、不動産売買をわかりやすく解説した記事を多数執筆。