マンション売却の査定で絶対に忘れてはいけないこと

0
1876
マンション売却の査定

相場の調査も完了し、住み換え計画を練り上げると、いよいよマンション売却のスタートです。ここからがいよいよ実践です。不動産仲介業者に査定を依頼します。どの時期に、どんな方法で査定を依頼し、どのような基準で最終的に1社に絞り込んでいくのかを解説します。

マンション売却の優秀なプロデューサーを探す

不動産会社ではなく、優秀な営業マンを探す

住み替え計画を練り上げ、相場の調査も完了。いよいよマンション売却のスタートです。ここからは実践形式です。単にマンション売却だけでなく、購入予定のマンションの件、今借入している住宅ローンの件、次に借りる住宅ローンの件、仲介手数料の件も含め、住み替え計画の総合的な部分すべてを相談すべきです。査定価格は大切な部分ですが、担当する営業マンを面接する気持ちで臨むのも大切な部分です。

マンション売却は不動産仲介業者の選択が重要

引っ越し予定の6か月前に査定をスタート

引っ越し予定の6か月前に査定を開始するのがひとつの目安です。

  1. 数社の不動産会社に査定依頼をして見積りをとり、比較検討し、1社と媒介契約を結び販売価格を決定する。2週間~1か月
  2. 不動産会社の買主探しのための営業活動  1か月~3か月
  3. 買主との契約、引き渡し、引っ越し等  1か月~3か月

上記売却スケジュールと同時進行で購入計画も進めて行く

住み換え前提の売却査定なら購入物件の依頼を同時に

単に売却予定マンションの査定だけでなく、住み替え前提で、購入予定のマンションの仲介も依頼すると対応は変わります。不動産仲介業者にすれば、仲介手数料が、一つの案件で、売却手数料と購入手数料の2倍の仲介手数料が入るため、力を入れて営業活動してくれる可能性は高くなります。同時に購入物件の希望条件も伝えて、売却マンションの査定と並行して、購入物件の購入計画も同時に進めましょう。

査定依頼する不動産仲介業者は最低3社以上

査定依頼をする不動産仲介会社の選び方は、売却予定のマンションを建築し販売した不動産会社の系列の不動産仲介業者をまず、最初に検討、売却予定のマンション本体の情報を持っており、仲介した実績も多くある可能性があるからです。次に、ライバル会社を2、3社選択するのが得策です。不動産一括サイトも2社以上選択する。ネットで査定依頼するのも方法ですが、本命の会社には、直接店舗に訪問した方が、細かい疑問点も質問できるので、得策です。

大まかなマンション売却査定の流れ

  1. 不動産仲介業者にマンションの売却査定の依頼をする。
  2. 部屋の中等、現地を確認して査定額がでる。
  3. 売り出し価格を決定する。
  4. 営業活動、サービス内容の内容を確認し媒介契約書を締結する。

不動産仲介業者と締結する媒介契約の種類

3種類の契約方法があります。「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類です。

<媒介契約の種類と特徴>

 

専属専任媒介契約

専任媒介契約

一般媒介契約

他社への重ねての仲介依頼

×

×

自ら探索した相手との直接契約

×

契約の有効期間

3か月以内

3か月以内

法令上の制限はない

指定流通機構への登録

媒介契約締結の日から5日以内

媒介契約締結の日から7日以内

法令上の義務はない

 一般的には、不動産会社との交渉しだいですが、信頼のおける不動産会社と判断すれば「専属専任媒介契約」を契約した方が得策です。仲介手数料が確実に得られる見込みがないとリスクを張って、時間と労力をかけて営業はしてくれませんので、100%の信頼の意思表示の証である「専属専任媒介契約」を選択した方が早く売却が成立する可能性は高くなります。

駅近のマンションで、売りにだされても、直ぐに売却できているマンションであれば、他社への重ね仲介がOKの「一般媒介契約」を選択するのも一つの方法です。「専属専任媒介契約」と「専任媒介契約」の違いは自ら探索した相手との直接契約ができるかできないかの違いです。

マンション売却の査定だけではなく、住み替えの総合判断を

売却マンションの査定だけでなく、住み替え前提ですから、購入予定のマンション情報、今借入している住宅ローンの処理方法、今後借入する住宅ローン件、仲介手数料の件、住み替えに必要な諸費用の件等、住み替えを総合的にプロデュースできるかどうか、それぞれの項目ごとの提案内容をよく吟味し、最終的に依頼する不動産仲介業者、厳密には営業担当者を選択すべきです。

マンション売却のカギを不動産業者が握っている

査定価格ではなく、提案内容を吟味する

マンション売却の査定依頼は無料であるため、早めに不動産会社を通じて情報収集しておくのが得策です。売り出し価格が、高い見積りをしてくれた不動産仲介業者が良いわけではありません。

希望した期間で売却できる相場価格を提示してくれ、なおかつ、契約期間内に充分な営業活動をしてくれ、成約に結びつける営業力のある仲介業者を選択するのが不動産売却をスムーズに進める為のポイントです。

住み替えを総合プロデュースできる担当者かどうかを判断基準に、会社ではなく人物で判断をすべきです。