自分のマンション。いまいくら位で売れるのか?ふとした時に気になるのではないでしょうか?

今回はマンション一括査定を使う際に注意したいポイントについて解説していきます。

マンション一括査定とは?

不動産会社経営者が教えます

マンション一括査定とは文字通り、複数の会社に一括してマンションの査定をしてもらうことができるシステムです。

自分が持っているマンションの部屋の面積、階数、向き、間取り、住所を入力するだけで売却予想価格が分かります。

不動産会社に行かなくても、営業マンと直接会わなくても想定売却価格が分かる、いわば不動産査定の自動販売機のようなもので多くの人が利用しています。料金はだいたいが無料です。

そもそも、なぜ無料査定を出してくれるの?

どんな会社が登録しているか?

不動産屋

その地域を営業エリアとしている、大手不動産会社から地元密着の不動産会社まで多種多様の不動産会社が登録をしています。

お金も取らずに、マンションの査定ができるのか、マンション一括査定サイトには何か裏があるのではないか?

そう感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。結論から言うと、その心配はありません。

登録不動産会社が運営会社に費用を支払う形式でサイトが運営されています。

そのため、利用者は無料で不動産の査定サービスを受けることができるのです。

では、なぜ登録不動産会社が運営会社に費用を払ってまで無料の査定をするのか?

その理由は、査定希望者の中で一定割合、実際にマンション売却を依頼するからです。

つまり、業務の受注が期待できるから費用を負担して無料査定サービスをしているのです。

ご心配するような裏はありません。

一括査定サイトを使うメリット

不動産やマンション査定、買取

前述した通り、利用者は不動産会社に出向くこともせず、営業マンと会うこともなく、最小限の手間でお持ちのマンションの販売想定価格を知ることができます。

複数の不動産会社に査定を依頼することができる為、比較検討がしやすいというメリットもあります。

結果、時間も手間も節約できることになります。

一括査定を使うデメリット

媒介契約

デメリットを書く前に、マンション一括査定の査定額とは何かについて解説しておきます。

車の査定というと「下取り金額の査定」ですが、マンション一括査定はその多くが「買い取り査定ではない」という点

つまり、「●●●●万円で買い取ります」ではなく「販売をするなら募集金額は●●●●万円が目安」という販売提案価格の提示になります。

また、繰り返しになりますが、マンション一括査定は複数の不動産会社から査定を受け取ることができるシステムです。

必然的に査定を作成する側の営業担当者は、競争に晒されている状態という事になります。

競争に晒されていると認識している営業マンが作成する査定、つまり販売提案価格はどういった傾向が出やすいのか?

実現不可能な金額を提案してしまう可能性が考えられます。

値段以外に絶対に見るべきポイントとは

電卓と見積もり

一括査定というと、ついつい査定金額の多寡に目を奪われがちです。

しかし、誤解を恐れずに言えば前述した通り、査定額は計算の仕方でどうにでもなってしまいます。

デメリットの所で解説した通り、一括査定は実現困難な査定額が出ることも。

では、査定金額以外に何を見るのか?解説していきましょう。

値段の根拠となる取引事例

一般の居住用不動産の査定の場合、査定の方法は「取引事例比較法」という手法に基づいて査定がなされます。

Aの不動産の査定額を算出するために、Bという不動産の取引価格、取引日を元に推測するという手法です。

取引事例比較法による査定の場合、査定物件とできるだけ同じ条件の取引事例を使うという大原則があります。

従って、査定マンションの専有面積が70㎡なのに、20㎡のワンルームの取引事例を元に査定を計算するのは不適当です。

適当ではない事例を元に算出した査定は、実現不可能な金額となってしまいます。

査定の元となる、取引事例が適切かどうかをチェックしましょう。

買取査定か一般査定か?

マンション一括査定はそのほとんどが、仲介査定で「販売するならこの金額が妥当」という査定です。

ただ、中には実際に買い取る金額での一括査定サービスがあります。仲介査定と買い取り査定の一番の違いは、「金額」です。

買い取り査定は仲介査定に比べて2~3割程度、提示される金額が低下します。

ご利用になるマンション一括査定が「何の一括査定なのか?」は必ず確認するようにしましょう。

担当者の営業スキル

不動産会社の担当者

一括査定サイトで査定を依頼すれば、不動産会社から査定書が送られてきます。査定書は数ページから十数ページになることも。

専門的知識がないと、金額だけしか目に入りません。

説明の上手な担当者の場合、査定書の見方や詳しい説明をすることができます。言うまでもなく、営業マンの人柄は良いに越したことはありません

と言っても、単に当たりが優しいという意味では不十分。きちんと説明をする能力は大切です。また、価値観が合うかどうか?もです。

不動産に限らず、会話やメールをしていて「何となく言っている意味が分からないな」「なぜそういう思考なの?」とお感じになったことがあるかと思います。

不動産の売却は大きなお金が動きますから、担当者との意思疎通は非常に重要な要素になります。

会社の営業方針

不動産の相談、不動産業者

一括査定はただ単に値段を出すのではなく、どう販売をして行くか?という点についても重要です。

と言っても、単にポータルサイトに載せるというだけでは少々物足りないと感じることでしょう。

どのくらい積極的に販売してくれるのか?についても把握しておくことが望ましいです。

と言っても、不動産会社にも広告予算というものありますし、原価の計算も当然しています。

例えば、販売金額が1,000万円のマンションが売れた場合、不動産会社に支払う仲介手数料は36万円(税別)です。

従って、その物件に広告宣伝費を15万も20万もかけることは通常できません。

マンション一括査定サイトのまとめ

査定額よりも営業担当者に注目しましょう

いかがでしたでしょうか?

マンション一括査定は、手軽に不動産の査定を知ることができる便利なツールですが、便利が故に手軽な故に「金額だけに目を奪われがち」です。

提案された内容の実現に無理がないか?営業マンと意思の疎通に問題がないか?といった点について、実際に営業マンと会って判断するようにしましょう。


「住みかえ王子」では、家づくりや家探しなどの住みかえの疑問について、アドバイザーに無料でご相談いただけるサービスを提供しております。フリーダイヤルまたはLINEでのご相談も可能です。詳しくは以下をクリックしてください。


マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条