不動産売却募集!のチラシ経由でマンションを売ると損?:不動産屋の裏事情

0
686
住宅販売

これから不動産売却を検討している方に向けて、自宅のポストに投函される不動産の売却募集のチラシの実情を解説しています。売却募集のチラシには鵜呑みにするべきではない理由がたくさんあります。ぜひ参考にしてください。

不動産売却募集のチラシとは

家 住宅

不動産のチラシというと、売り物件の写真や間取り、価格が載っている「不動産の買い手を募集」しているチラシをイメージする方も多いでしょう。不動産のチラシには、売り出し中の物件の買い手を募集チラシだけでなく、土地やマンションの売り手を募集するチラシもあります。今回解説するのは、「不動産を売ってください」という売却募集のチラシについてです。

売却募集といっても不動産会社が直接物件を買い取るわけではなく、「こんな物件を探している人がいるので、当社が仲介して売りますよ」とアピールをして、媒介契約を結ぶことを目的としているものがほとんどです。

ポイント

媒介契約とは売主と仲介業者の間で「不動産の売却を依頼する」という契約を言います。

不動産業者が売却募集のチラシを出す3つの理由

住宅

不動産売却募集のチラシを出す理由①:手数料を買主と売主の双方から獲得するため

不動産業者は、不動産の売主や買主から仲介手数料を得ることで利益を上げています。売却募集のチラシを出し、不動産の持ち主と媒介契約を結び、物件を探している人とも仲介契約を結べば、不動産業者は売主と買主の両方から手数料を獲得できるわけです。

1つの物件に対して売主と買主の両方と仲介契約を結ぶことを両手取引と呼び、両手取引は不動産業者としての理想のかたちとなります。両手取引は違法ではありませんので、なるべくなら不動産業者は両手取引を狙いたいわけです。不動産業者が売却募集のチラシを出す理由の最も大きなものは、両手取引を行い多くの手数料を得ることだと言えます。

不動産売却募集のチラシを出す理由②:業務効率が良いから

住む家を探している人は、立地や間取り、予算などといったさまざまな制約があるなかで理想に近い物件を求めています。そのため、たくさんの物件を内見するのは珍しくありません。さらに入居後も不動産業者からのアフターフォローが一定期間必要になります。

それに対して不動産を売りたい人は、ほとんどの場合「いつまでに売りたい」という気持ちがあり、売ること前提で業者を探しています。不動産会社からすれば、比較的契約が結びやすいですし、売ることさえできれば確実に仲介手数料が獲得できるので、効率が良いのです。

不動産売却募集のチラシを出す理由③:取扱い物件数を増やすため

取り扱っている物件数が他社よりも多ければ、その分自社でしか取り扱っていない物件が多いことをアピールできます。つまり、他社との差別化を図るための施策としても売却募集のチラシは出されているわけです。

不動産売却募集のチラシは信用して大丈夫?

疑問 女性

結論を言うと、不動産の売却募集チラシはあまり信用しないほうがよいです。チラシには誇大広告ギリギリといったものも少なくありません。チラシだけで判断せずきちんと情報を集めて不動産業者を選定するようにしてください。チラシを出すすべての業者が信用できないというわけではありませんが、チラシを出す業者はチラシを出さないと顧客が集まらない場合が多いようです。

前提として、十分に取り扱い物件があるならば、購入希望者のさまざまなニーズに沿ったものも取り扱っているはず。チラシを出して売却募集をしている不動産業者には、それなりの裏があると考えた方がよいかもしれません。

こんなフレーズは入っているチラシには要注意!

男性 青空

ここからは、不動産売却募集のチラシによくあるフレーズの中で、特に注意したいものについて解説していきます。

どこよりも高い査定価格を保証します!

不動産の売却を考えている人は、できるだけ高く売りたいと考えるのが当然です。しかし、査定価格と実際に売れる価格は実は関係がありません。査定価格をいくらにするかは不動産業者次第ですからね。「この会社なら高く売ってくれそう」というイメージをさせて、媒介契約を結ぼうとしているという裏があります。

高い査定価格が出て、実際にその価格で売り出したとしても相場より高ければ、買い手は現れません。その結果、売却価格を値下げしようと不動産業者から持ち掛けられるというわけです。

ポイント

不動産の売却は「相場より高く売ること」ではなく、「相場に合った適正価格で売ること」がゴールであることを知らない売却希望者を狙った手法です。

この地区限定で不動産を探しているお客様がいます!

不動産会社 スタッフ

「〇〇地区限定」や「〇〇マンション限定」などと範囲や物件を絞ることで、物件の持ち主に今がチャンスなのかもしれないと思わせて、契約にこぎつけようとする手法です。このケースは、人気があるまたは相場が高い地区や物件に絞ってチラシを投函している可能性が高いです。本当に物件を探している人がいればまだ良いのですが、実際に媒介契約を結ぶと「他で決まってしまった」などと言われるのがパターンです。注意してください。

○○円で購入希望のお客様がいます

家

たとえば、「2LDK物件で3,000万円~」などといった具体的な金額が入ったパターンのチラシです。具体的な高値を提示することで、「この金額なら売ってもいいかも」という物件所有者が現れることを狙った手法です。

基本的にはチラシに記載されているような購入希望者はいないと思ったほうがよいでしょう。仮に本当に購入希望者がいるならば、その人は不動産会社が自分の希望に合った物件を取り扱っていなくて困っているわけになります。本当に物件を探しているなら、希望を叶えてくれない不動産会社にこだわらず、他の不動産会社からも探して早急に契約を決めてしまうのではないでしょうか。

編集部から

郵送で送られてくる売却チラシで「なぜ個人情報が分かったのか?」と疑問を持たれる方もいると思いますが、定期的に不動産登記簿を取得してそこに記載されている所有者へ手紙を送っています。

よってタイミングよく売却チラシが届いてもそれは偶然に過ぎません。その業者に連絡をせず、記事内でお伝えした情報を元に対応することをおススメします。

心が動いたら一括査定で一度チェック

引越し ネット検索する女性

不動産業者からのチラシを見て「この値段で売れるのなら……」と心が動く人もいるでしょう。しかし、ちょっと待ってください。他の業者にも査定をしてもらい、本当の相場を知るべきです。そうすればチラシの文句の信憑性も見えてきますし、もっと自分に有利な売却方法が見つかるかもしれません。

信憑性のある査定をして欲しいのなら、おすすめはLIFULL HOME’Sが運営しているHOME’Sです。こちらは約2,800社の不動産会社が登録しておりどんな会社が査定をしているのか説明も具体的です。

ホームズ

関連記事

不動産売却募集のチラシ:美味しい話には騙されない!

この記事では以下の内容を紹介しました。

不動産のチラシ広告には、売りたい人に都合の良い言葉が並んでいます。しかし、それらの言葉が全て真実とは限りません。やはり、疑ってかかるべきです。美味しい話に乗るのではなく、自分で決めた手段で不動産売却をしたほうが良いでしょう。