この記事ではこれから不動産の売却の考えている方に向けて、匿名で行える不動産査定のメリットとデメリットを紹介しています。

一見、簡単で便利な不動産の匿名査定サービスですが……実は注意すべき点が多いので、ぜひ参考にしてください。

匿名の不動産査定とは

高層ビル 不動産

匿名の不動産査定とは、インターネットサイト上に物件情報を入力すると査定結果が表示されるものです。

通常であれば氏名や電話番号といった個人情報の入力が必要なものが多いですが、匿名査定では、返信用のメールアドレスだけで査定が受けられます。

匿名査定のメリットとデメリット

住宅 カップル

匿名でネット上で査定が気軽に受けられる匿名査定は、とても便利なサービスです。匿名査定におけるメリットとデメリットについて確認しておきましょう。

匿名査定のメリット

匿名査定の最大のメリットは、やはりその匿名性にあります。

個人情報を提供せずに査定が受けられるので、不動産業者からの営業電話がありません。まだ不動産売却をするかどうか決まっておらず、とりあえずざっくりとした相場感が知りたいという場合には効果的でしょう。

また、あくまで概算になるので査定結果が出るまでの時間が短いというメリットもあります。

匿名査定のデメリット

男性 迷い

気軽に査定したいときには便利な匿名査定には、残念ながらメリット以上にデメリットが多いです。主なデメリットについて1つずつ紹介していきます。

・正確な査定額が分からない

匿名査定で算出される査定額はあくまで概算です。

匿名査定ではネット上で物件情報を入力し、それをもとに査定額が各業者によって算出されます。ネット上のやりとりなので、当然のことながら不動産業者が直接物件を訪問して査定しているわけではありません。

不動産の価値とは築年数や住所だけでなく、実際の室内の状態や眺め、日当たり、近隣環境などのさまざまな要素が複雑に関係してきます。匿名査定は訪問しての査定でない以上、正確な査定とはならず、査定額も100万円単位で幅を持たせたものになってしまいます。

正確な査定額が分からないのは、不動産業者の査定に対する本気度の差も理由として挙げられます。匿名査定は、業者に個人情報が伝わりません。

そのため、業者側は営業をかけたくてもかけられない状況にあります。業者側からすれば「売る気がある人、売却につながる人に注力したい」と考えるのが自然なこと。匿名での査定では、業者も査定に力を入れてくれないでしょう。

監修者から

居住用の不動産を売却する場合は住所を知られないために、不動産さえ特定出来ないのが匿名査定です。

個別性が強い不動産ですから、査定する「モノ」が特定できない以上、価格の正確性は大きく棄損してしまいます。

・査定額だけで判断しがちになる

お金 驚き

査定額とはあくまで査定額であり、実際に売れる金額ではありません。

たとえば匿名査定から直接の問い合わせにつなげようとしてあえて高めの査定額にするといった業者が現れる可能性もゼロではありません。

査定が高くても売れなければ値下げをすることになります。査定を行うのは適性価格を知り、その金額で売るためであることを忘れないようにしましょう。

・売却へのステップが進まない

空を見上げる男性

実際に不動産を売却するためには、不動産業者に訪問査定をしてもらうことが必須です。

概算や相場感だけ知りたいのなら匿名査定は有効ですが、実際に不動産売却を考えているのなら、匿名査定だけでは売却への第一歩を踏み出したとは言えないことを知っておきましょう。

不動産売却を考えるのなら、訪問査定から始めた方がスムーズです。

関連記事

戸建ての査定なら匿名査定は意味がない

住宅を持ち上げる手

匿名査定では、戸建て物件の査定が可能なものもあります。しかし、戸建て物件の匿名査定は、マンションの匿名査定に比べて査定がさらにあいまいなものになってしまいます。

戸建ての価値は土地の形状や接道状況など、マンションの査定以上に多くの要素で決まってくるからです。ただでさえ匿名査定は概算に過ぎないものであるのに、戸建ての査定に匿名査定サイトを利用することは意味がないと言ってよいでしょう。

マンション・戸建ての売却のどちらにおいても最終的には訪問査定が必須となります。売却を考えるなら匿名ではなく実名での査定を検討することをおすすめします。

ポイント

不動産業者の担当者と実際に会い査定をしてもらえば、正確な査定額の算出だけでなく、買い替えや相続、住宅ローンについての疑問解決の相談もできます。

関連記事

不動産売却には業者の選定が重要

不動産を説明する女性

不動産を適性価格でスムーズに売却するためには信頼のできる不動産業者を選ぶことが重要になります。

匿名での査定ではお互いにやり取りができませんので、担当者の人間性や不動産業者の得意分野なども分かりませんよね。匿名ではなく実名で訪問査定をしてもらうことで、自分の目で業者を選定していきましょう。

最終的には1つの業者に絞る

男性 青空

この記事では以下の内容を紹介しました。

適性価格を知るために複数の不動産業者に査定をしてもらうことは重要ですが、最終的には1つの不動産業者に絞ることになります。

「もっと高い査定をする業者があるんじゃないかと」いくつもの業者に査定を依頼することは、意味がありません。

なぜなら査定額と実際に売却契約を結ぶ金額とは同じとは限らないからです。ある程度相場感が分かったら、一つの信頼できる業者に依頼する方が結果的に売却に至るまでの期間も短くなります。

不動産の査定を行う際には、ぜひ実名で査定をスタートさせ、スムーズな売却につなげてください。

監修者から

不動産査定を依頼する場合、営業電話の対応はとても煩雑になり、この点を嫌がる方は多いかと思います。

営業電話をかける側からするともちろんその不動産の売却に関わりフィ収入を得る事もありますが、「売却のお手伝いをしたい!」「自分が不動産売却に関わればお客様にメリットがある」という気持ちの方が大きいです。

不動産会社にも能力差は確かにありますので、査定を依頼したら「業者の選別」のステージにはいると考えて営業電話も最初は全て対応するスタンスが賢い不動産売却には欠かせません。電話対応でよかった業者と密に話を進めていけばいいのです。この点めんどくさがって営業電話に対応しない事は大きなデメリットになりますので注意してください。

また、以下の記事が参考になるのでよかったらご覧ください。

知っておかないと損!不動産の査定サイトを利用する際のコツとは?

監修 鈴木 良紀
(株)ウィルゲイツ・インベストント勤務。大手ゼネコン、ディベロッパー、不動産ファンドを経て、(株)ウィルゲイツインベストメントの創業メンバー。不動産、法律に広範な知識を有し様々なアセットのソリューションにアプローチ。宅地建物取引士・ビル経営管理士

鈴木が監修した他の記事はこちら

サイト:https://fudousan.click/