新築マンションを買う人のきっかけは?

どのタイミングで家を買うのがおすすめか営業マンに聞いてみた

人生で一番大きい買い物と言われる、マイホーム購入。今すぐにというわけではないにせよ、いずれはと考えている方も多いのではないでしょうか。

私は普段、新築マンションの販売をしていますが、(過去には戸建と土地の仲介営業経験もあり)住宅購入を検討されている方に必ずお伺いするのが、「何故、住宅を探そうと思ったのですか?」という、いわゆる検討動機です。

皆様、様々なご事情があって住宅購入を検討されるのですが、特に多いのが

  • 家賃がもったいない
  • 現住居が手狭になった
  • 子供の教育環境の為
  • 通勤通学の利便性を高めたい

この4つなのです。それぞれ家庭のライフプランが明確になってきたタイミングと関係があるのです。

そんなマイホーム購入時期をライフプランと住宅ローン返済という観点で解説していきたいと思います。

家賃がもったいないと思った時が家の買い時?

「家賃がもったいない」+「通勤通学の利便性を高めたい」とおっしゃる方は、仕事も落ち着いてきて、ある程度定住したい場所が定まってきた方に多く見られます。

その為、収入面も安定してきており、住宅ローンの審査もしやすくなります。

かつ、最近では、共働きの家庭も増えてきましたので、夫婦が働いている間は通勤の利便性と資産性の取れる都内近郊で住宅購入を検討し、リタイアした後には、田舎に一戸建てを購入したり、実家を相続するという計画を立てている方もいらっしゃいます。

結婚や出産のタイミング

また、鉄板ですがご結婚やご出産など家族構成の変化に伴って新居を探しているという方は多いです。

結婚後はしばらく賃貸マンションで、お子さんが生まれるタイミングでマイホームを検討される場合、今住んでいるところに限らず広域でエリアをご検討される方は多いです。

もし、住宅を購入しようと考えている方は、住宅を購入することによってご自身の家庭に得られるメリットや変化を考えることがライフプランの形成につながってくるでしょう。

DINKS世帯は資産価値が落ちない物件を選ぼう

新築マンションの購入検討層している30~40代の方で、家選びは大きく2択に別れます。

資産価値が落ちないかどうかで、需要があるエリアで駅近のマンションを購入されるご夫婦は多いです。人気があるエリアは通勤もしやすいでしょう。

また、その後、もしお子さんを授かることがあり家が手狭になっても、需要があるエリアなら売却もしやすいためです。次の家を買う場合、住宅ローンが残っていても売却で完済できれば、次の家の住宅ローン審査も通過します。

一生住むつもりではなく、リタイア後には 自宅売却して老後の資産にもなるのです。

購入するのなら子どもの小学校入学前がオススメ

また、お子様がいらっしゃる家庭は、お子様の小学校入学前に住む場所は確保しておいた方が良いでしょう。

お子様の事を考えるとすでに入学している小学校から転校することはあまり気が進まないと思います。その為、お子様が5歳~6歳になるまでにはライフプランを明確にしておいて、住宅購入を検討されることをおすすめします。

ライフプランのイメージが出来たら、いざ新居購入に向けて具体的に動いていく形になります。現金一括でという方はほとんどいらっしゃらず、住宅ローンで融資を受けて住宅購入をされる方が大半となります。

住宅ローンの審査が通るのは44歳まで?

媒介契約

一般的に住宅ローンを組む場合は、民間住宅ローンかフラット35の商品のどちらかで融資を受ける方が多いです。

大前提のお話となりますが、住宅ローンを借りる場合は、必ず「審査」があります。この審査条件は各金融機関によって異なりますが、大体の金融機関は、「79歳までに完済」の条件で審査をします。その為、最大年数が組める35年ローンで毎月の支払いを抑える為には、「44歳まで」に住宅ローンの融資を受ける必要があるのです。

家を買うなら病気になっていない若いうちに!

マンションのパンフレットと申込書

これも30代~40代前半で住宅購入の検討をおすすめする一つのポイントですが、フラット35以外の金融機関は「団体信用生命保険」に半強制的に加入となります。

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険に加入する為には、告知事項となる持病を持っていないことが保険加入の条件になります。年齢を重ねれば重ねるほど、この団体信用生命保険に加入出来ないリスクも高まります。

頭金は貯めてから買った方がいいの?

また、頭金の捻出ですが、貯蓄をしている家庭と、していない家庭がいらっしゃるかと思います。一般的には物件金額の10%が必要と言われます。

結論から申し上げますと、頭金が10%貯まっていなくても住宅ローン審査はおります。住宅ローン控除を使える物件であれば、年末のローン残高の1%が住民税と所得税から控除されます。だから、無理をして頭金を貯めなくても家は買えますよなんていう営業マンもいるかもしれません。

ただ、借りれる額と返せる額は異なります。頭金を貯めていることが「計画性がある」ともみなされますので30代40代で家を買うのであれば、マイホームの頭金(物件価格1割)と、それ以外に生活防衛費(1年の世帯年収分)は貯めてからではいかがでしょうか。

ご自身のライフプラン、お金と向き合いましょう

目安はあるけれどまずはご自分の人生を

30代~40台前半は、仕事の状況やお子様の状況なども定まりやすい時期ですし、早すぎず遅すぎない適齢期と言えるでしょう。ただあくまでこういうケースが多いというだけであってその通りに家を買う必要はございません。

住宅購入を検討されるという事は、ご家族のライフプランを計画出来る貴重な機会になると思いますので、是非この機会に整理をして頂くのも良いのではないでしょうか。


「住みかえ王子」では、家づくりや家探しなどの住みかえの疑問について、アドバイザーに無料でご相談いただけるサービスを提供しております。フリーダイヤルまたはLINEでのご相談も可能です。詳しくは以下をクリックしてください。


マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条