この記事では購入したマンションのリフォームを検討している方に向けて、具体的な費用の相場と、リフォーム時の注意点について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

マンションリフォームにかかるリアルな費用

家

リフォームにはそのリフォーム箇所や規模によって費用が異なります。

トイレやお風呂だけ交換するといった小規模なリフォームから、キッチンを移動させたり間取りを変えたりといった大規模なものまでリフォームにはさまざまなものがあります。

リフォームをした人が実際に使った金額は部分的リフォームで200万円から400万円、全体的なリフォームで400万円から700万円といった価格帯が多いです。

段落

どのようなリフォームをすればどれほどの費用がかかるのか、主なリフォーム箇所を例にして紹介していきます。

リフォームにかかるリアルな費用①:300万円以内で水回りのリフォーム

新しいキッチン

水回りはリフォームすることでお家の印象が大きく変わるところ。リフォーム工事の多くは水回りを中心に行われています。

トイレや洗面台、給湯器の交換だけならそれぞれ約20万円程度が相場です。ユニットバスやキッチンを交換するのなら各80万円程度が相場となり、水回り全体をリフォームするとクロスの張替えも行えば300万円程度になる計算です。

豆知識:ユニットバスとは?

ちなみにユニットバスと聞くと、ワンルームのお部屋などによくあるお風呂とトイレがセットになっているものをイメージしやすいですが、ユニットバスとは壁や床・浴槽などバスルームに必要なパーツを施工現場で組み立てるタイプのもののことです。

バスルーム内にトイレや洗面台があるものは2点式ユニットバスや3点式ユニットバスと呼びます。

リフォームにかかるリアルな費用②:予算500万円で間取変更も行うリノベーション

女性

たとえば、キッチンを壁づけから対面式のカウンターキッチンやアイランドキッチンに、キッチン位置も含めて変更するといった場合や、和室を洋室にする、押し入れをクローゼットにするといったリノベーションも予算が500万円あれば水回りのリノベーションと合わせて行えます。

とくに費用がかかるのはキッチンをシステムキッチンにする、フローリングを張り替えるといった作業です。

規模や製品によっては約80万円程度かかるのが一般的です。

リフォームにかかるリアルな費用③:十分な予算があるならスケルトンリフォーム

家

スケルトンとは、床や壁、天井などが何もない建物の骨組みだけの状態のこと。

内装をいったんすべて解体してから一から新築のように中身を作り直すのがスケルトンリフォームです。

費用は大きくなりますが、自分の理想の間取や内観があるといった場合や、建物が古くなってきて配管から取り替えたい場合には有効な方法です。

関連記事

リフォームをする際の注意点

GIF

「住みやすい家にしたい」「間取りを変えたい」「落ち着ける家にしたい」などといった自身の希望がある場合には、リフォーム工事に関して自身が主導して希望を伝える必要があります。

しかし、明確に自身の理想を言葉にすることは簡単ではありません

リフォームする際の注意点①:信頼できるリフォーム会社探しが難しい

スタッフ

リフォームの内容以前の問題が、どこにリフォームを依頼するかという問題です。

基本的に、リフォームは工務店などに直接依頼することになりますが、工務店は工事のプロではあっても間取りや住み心地に関するプロではありません。

つまり、自身に明確なイメージがない場合はたとえリフォームを依頼しても、なかなか理想に近づくことができないのです。

リフォームする際の注意点②:間取りや住環境のプロは不動産会社

空を見上げる男性

工務店は工事のプロです。そして、間取りをはじめとした住み心地に関するプロは不動産会社です。

不動産の売買を仲介する業者や自身で売買する業者は、どのような家が住みやすいか、近年ではどのような間取りに人気があるかといったことを熟知しています。

よほど自身のこだわりや理想をしっかりと言語化できないのなら、工務店と打ち合わせを重ねても自身の理想の間取りは出来にくいと言えるでしょう。

リフォームする際の注意点③:単発発注のため費用がかさむ

お金 驚き

個人が工務店と打ち合わせをし、リフォームを行う場合は当然のことならその物件だけの単発の発注となります。

そのため不動産業者が工務店に依頼するよりもリフォームの費用は1.4倍ほどかかるとされています。

リフォームする際の注意点④:新たに家を購入したほうが良い場合も

家 綺麗な室内

マンションを購入し、そこに住もうとしている人の多くはそこに一生住むつもりでいるのがほとんどでしょう。

しかし、転勤をはじめとした生活環境の変化でやむを得ずマンションを手放すことになるケースは少なくありません。

そのため、今はそのつもりはなくてもマンションのリフォームを行う前に「予定外に売却するかもしれない」という可能性は考慮しておく必要があるでしょう。

リフォームにかかった費用は売却価格に上乗せされにくい

実はマンションは、リフォームをすればその分高く売れるとは限らないものです。

その理由は、リフォームをした費用をそのまま売却価格に上乗せしてしまうと、相場よりも高くなって買い手がつかなくなるからです。

リフォームをしたのちに売却すると、結局手元に残るお金は少なくなってしまいます。

自分の理想の間取りや内装がある場合でも、リフォームをするのではなく不動産を売却し、その資金を元手に理想に近いマンションを購入したり、新たに建てたりしたほうが結果として良いケースになる場合が多いことはぜひ頭に入れておいてください。

ポイント

築年数が経っていてそのまま住める状況ではなく、リフォームしないと買い手が見つからないといった場合には、仲介で売りに出すのではなく、物件を現状のまま買い取ってくれる「不動産買取」を行っている業者に売却するとよいでしょう。

不動産買取をしてもらうなら「買取博士」

買取博士

老朽化がすすんだ古いマンションを売却するのなら、不動産買取がおすすめの方法です。

不動産買取の場合は、仲介業者ではなく不動産の買取を行っている業者に査定を依頼してマンションを売却する流れになります。不動産買取は査定金額がそのまま売却価格になるので、複数の買取業者に査定を依頼するのが重要になります。

買取に特化しているから安心で早い

買取博士は、不動産買取専門のサイトで、マンション情報などを入力するだけで同時に複数の業者に査定依頼ができます。

不動産買取に特化しているので、話もスムーズですし、買取後のリスクもないというメリットがあります。査定はもちろん無料ですので、不動産の売却を行うのならぜひ利用してみてください。

監修者から

間取りや住環境の専門家と工事の専門家が揃ってこそ、良いリフォームが出来ます。しかしながら2つの専門家を揃えるのは、継続発注の無い個人の方は難しいと思います。そんな場合でも(買取の話でなくても)「買取博士」に相談ください。お住いの住宅をリフォームする提案も行っています。買取博士なら住環境と工事の専門家が一度に対応するので満足度の高いリフォームが出来るでしょう。

まとめ:リフォーム前にもう一度検討しよう!

この記事では以下の内容を紹介しました。

リフォームをする理由は人によってさまざま。ただし、売却するためのリフォームなら、もう一度検討し直したほうが良いケースがほとんどです。そのまま売却したり、買取に出す方法も考えてみてください。

監修 鈴木 良紀
(株)ウィルゲイツ・インベストント勤務。大手ゼネコン、ディベロッパー、不動産ファンドを経て、(株)ウィルゲイツインベストメントの創業メンバー。不動産、法律に広範な知識を有し様々なアセットのソリューションにアプローチ。宅地建物取引士・ビル経営管理士鈴木が監修した他の記事はこちら

サイト:https://fudousan.click/