賃貸に住んでいたとしても家賃が払えなくなる可能性はあるのですが、ローンを利用している方の中には「家のローンが払えなくなったらどうしよう」という不安を感じている方が多いはずです。

家のローンが払えない・・と不安な方へ

焦らないで行動しましょう

ローンの支払いは大丈夫?無理のない資金計画を立てていますか?

  • 「家のローンの支払いは大丈夫なのか?」
  • 「返せない時はどうなってしまうのだろうか?」

35年という長期間のローンを利用することになるので、多くの方が気にされることではないでしょうか。

経済状況や雇用状況など、多くの不確定要素がある中で住宅ローンを利用しているのですから、このような不安を感じるのは当然です。

または、離婚を考えたときに、ローンの問題はどうしても考えざるをえません。

将来の収入状況を把握する事が出来れば支払い不安を感じる事もないのですが、未来の事は誰にも分りません。
万が一の可能性に備えためにも、このような状況になってしまった場合、『どのような対策を講じる事が出来るのか』、この事をしっかりと想定をしておかなければいけません。

住宅ローンが払えなくなるとどうなるの?

まずは、「住宅ローンが払えなくなった場合どうなってしまうのか」、この点から確認していきましょう。

抵当権について

何千万円という多額の融資を、最長35年の期間をかけて分割返済していくのが住宅ローンです。
融資をする金融機関も万が一の可能性に備え、融資をする代わりに購入不動産に抵当権を設定します。
抵当権を設定しておけば、債務者(融資を受ける人)がローンの支払いが出来なくなった場合、債権者である金融機関は最終的に不動産を競売にかけて融資金の回収を行う事が出来るのです。

競売とは

契約済み、販売済み
強制的に売却される競売・・・

競売とは、抵当権者が強制的に不動産を売却する事で債務者の意志は一切考慮されません。
債務者にどんな事情ががあったとしても、強制退去を命じられたとしても、債務者は一切の異議申し立てが出来ない状況となってしまいます。
ただし、『1回でも滞納したら即競売になる』というわけではないので、この点はご安心下さい。

金融機関によって対応は異なりますが、下記の流れで競売まで進んでいきます。

1.金融機関から電話や催告書などで支払いの督促をされる
2.自宅に督促状が届く
3.その後も支払の滞納が続いた場合、強制競売の手続きに入る

また、競売以外にも「ブラックリストに載ってしまうのではないか?」という勘違いをされている方も多くいるのですが、ローンの支払い状況は信用情報機関に登録されるだけです。

ただ、支払遅延を複数回繰り返してしまうと、カードローンやオートローンに大きく影響を与える事になるので、どちらにしろ気を付けなければいけません。

家のローンが支払えないときやるべき2つの行動

家のローンが払えない場合に想定すべき最悪の状況は、『所有不動産が競売にかけられ強制退去させられる』というケースです。
ですが、家のローンが支払えないからと言って、あなたに出来る事が何一つとしてないというわけではありません。

『競売にかけられる前、債務者(あなたが)が何をしなければいけないのか?』
この事について確認をしていきましょう。

『1.金融機関へ返済方法の相談をする』

不動産の相談、不動産業者

家のローンが支払えなくなる原因として考えられるのは、『収入の減少』や『会社の倒産』です。

・残業が減らされる
・ボーナスが減らされる
いきなり大幅に収入が減少する企業はありませんし、いきなり倒産する企業もありません。

ここであなたがやるべき事は、『金融機関に相談をする』ことです。
やむを得ない事情により支払いが困難になるわけですから、相談に応じてくれる可能性があります。

  • 『ボーナス払いの猶予』
  • 『元金返済の猶予』
  • 『支払い期間の延長』

このような解決方法が金融機関から提案される可能性もあるので、ローンが払えなくなる前に必ず相談をして下さい。

『2.任意売却』

不動産やマンションの購入、査定

先述していますが、ローンを利用して不動産を購入する場合には金融機関の抵当権が設定されます。
第3者に不動産を売却して所有権を移転させるためには、融資残高を全額返済して抵当権を解除しなければいけません。
ですが、不動産価格は景気動向などによって大きく変動するので、あなたが望むタイミングで希望通りの価格で売却出来るとは限りません。

不動産売却をしているが融資残高に満たない金額でしか売却する事が出来ない

売却をしても融資金額の全額返済が出来ない、家のローンもの払えない、このようなケースの時にあなたがするべき行動は、『任意売却』です。

任意売却の仕組みを簡単にご説明します。

住宅ローンとは全く無関係の第三者である不動産仲介会社に、全額返済出来ない状況(融資残高の一部返済)であっても、抵当権の設定を解除し融資金額の一部返済をさせてもらえるよう、金融機関に交渉してもらうのです。

売却時に返済できなかった残債務については返済の必要性が残りますが、大部分を売却資金で返済する事が出来るので、月々の支払い負担を大幅に軽減させる事が出来るのです。

(当然、その後の生活の中で無理なく返済できる計画を立ててくれます。)

ただし、金融機関が必ず任意売却応じてくれるとは限りません。
原則、住宅ローンは全額返済売る事が前提条件となっているので、購入時にゆとりのある資金計画を作成する事が必要不可欠と言えます。

まとめ

家のローンが払えない・・・

このような状況を陥らない事が理想ですが、このような状況になってしまった場合であっても出来る事は残されています。
万が一の際には、順を追って行動していき最悪の事態を回避してきましょう。


「住みかえ王子」では、家づくりや家探しなどの住みかえの疑問について、アドバイザーに無料でご相談いただけるサービスを提供しております。フリーダイヤルまたはLINEでのご相談も可能です。詳しくは以下をクリックしてください。


マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条