パナソニックが始めたリフォームプラン付き住宅売却提案サービス「リアリエ」を取材しました。家を売るときにリフォームしたらいいの?とお悩みの方がいたらぜひお読みください。リフォーム前の状態でリフォーム代金を負担しなくてもリアリエなら売却可能できます。

安心のパナソニックブランドのリアリエだから早く売れる3つの理由

(1)6割の方が不動産購入前後でリフォームをしている!

こんにちは。住み替え王子編集部です。パナソニックが運営するリフォーム提案付き不動産売却サービスがあると聞き、取材させていただくことにしました。

お話をうかがったのはパナソニック株式会社住宅流通サービス事業推進室の岩井大介さんです。

編集部「今日はよろしくお願いします。早速ですが、パナソニックがリフォーム提案付き不動産売却をはじめたきっかけはなんでしょうか?」

岩井「パナソニックには住宅や暮らしに関わる様々な部門がございますが、以前から『家を売りたいけど古いしリフォームしてから売却したほうがいいですか?』というお客様の声をお聞きしておりました。
調査してみますと、中古物件の約60%が売買契約前後で何らかのリフォームを実施していることがわかり、2015年より中古住宅売買時にリフォーム提案を提供できるサービスを開始しました。」

編集部「そうなんですね。60%は売る前か買った後にリフォームしているということですね。古い家でもリフォームでかなり変わるのですか?」

岩井「変わります。リフォーム前とリフォーム後の写真をお見せしますね。」

リフォーム前

リフォーム後


編集部「うわ!明るいし広い!こんなに変わるんですね。新しい暮らしのイメージを持ちにくい古そうな家が、壁を抜いて全面リフォームするとこんなに素敵な家になるんですね。

不動産はリフォームをしてからのほうが早く・高く売れるのでしょうか?」

(2)実施したリフォームの内容が購入客の要望と違う場合もある。プラン提案のリアリエならそのミスマッチリスクを軽減

岩井「その判断が難しいのです。例えば200万円かけて売り手がリフォームを実施しても、200万円高く家が売れない可能性があります。自分好みにリフォームをするつもりの方は、逆にリフォームしていなく、その分お買い得な物件を探されています

不動産業者によって、『リフォームしないと買い手がつかない』、逆に『リフォームしたからといってすぐ売れるわけじゃない』と違うアドバイスをするケースもあると思います。

リフォーム未実施で、前入居者の生活スタイルを感じさせる状態のまま販売すると、その物件への関心が低くなる傾向があります。プロでない一般のお客様は『リフォームでどこまで変えることができるか?』イメージを膨らませるのは困難です。

リフォーム済み物件は、実物で確認できますのでその心配はありませんが、売り手が実施したリフォームと買い手のリフォームニーズが一致しない場合、リフォーム分金額分だけ高額に思えて、その物件検討から外し、他の物件を探す可能性もあります。」

編集部「購入検討客が減ってしまっては、売れるまで時間がかかってしまうかもしれませんね。どこをどんなふうにリフォームされるケースが多いのでしょうか?」

キッチンをリフォームするなら壁付けから対面型キッチンにされる方が多い

岩井「以前は水道、コンロが壁面にあるキッチンが主流でした。もちろん、リフォームでキッチンの位置を動かさず新しいキッチンにリプレイスすることも可能です。しかし、自分で新しく家を購入される方はせっかくだからと対面型キッチンにリフォームされる方が多いです。

写真のキッチンは築40年以上のマンションをリフォームしたものです。」

編集部「カフェみたいで、すごくおしゃれですね。」

リビングが広く部屋数を減らすリフォームも

岩井「このマンションの元は3LDKでした。もちろん3LDKの間取りは子育て世代を中心に根強い人気があります。ただ、昔より1世帯当たりの家族が減っていますので、逆に部屋数を減らすリフォームをする方も増えてきました。リフォーム前の間取りがこちらです。」

編集部「以前のキッチンは窓がなくて家の真ん中に会ったのですね。リフォームしてリビングダイニングが窓側に来て、リビングが広くなりましたね。お風呂も変わって独立洗面台が大きくなりましたね。」

岩井「そうです。こんな感じで元の間取りから大きく変わるリフォームを実施するケースも多いです。
通常の不動産業者は不動産売買に関してはプロですが、リフォームを実施する場合、別にリフォーム会社から見積もりを依頼するケースが多々あります。リアリエであれば、お客様の要望をお聞ききし、その物件を購入するかどうか検討している段階で、物件ごとのリフォーム費用の概算をお伝えすることができます。

どんな家にしたいというイメージが明確にお持ちであれば、リフォーム部門の専門家と一緒に物件の内覧することもできますので、物件案内の段階でリフォーム後のイメージを買主様が持ちやすく、購入決定までのスピードが早まる傾向があります。」

編集部「それはいいですね!普通は不動産業者とリフォーム会社を別々に探さなければいけないのですね。」

岩井リアリエのリフォーム提案付き不動産売却サービスでは、リフォームするつもりで家を探している方も、きれいな家を探している方も買い手になりえるので、購入検討を頂けるお客様の幅が広がり、結果早く売却できる可能性が高まります。そして、リフォーム代金を売り手が負担することなく、家を売却することが可能になります。」

(3)パナソニックブランドだから安心・安全

編集部「リアリエで物件売却を依頼する方は他の不動産査定サイトを使ったことはあるかたがおおいのでしょうか?」

岩井「はい。そういったほかの不動産査定サイトを使ったことがある方からも多数の依頼を受けております。」

編集部「どういう物件をお持ちの方が、リアリエで不動産売却をお願いされるのでしょうか?やはり古い物件をお持ちの方ですか?」

岩井「そうでもありません。築5年ぐらいの築浅物件の売却依頼もあり、当初想定していた古い家だけではなく、幅広いお客様よりご依頼をいただいております。」

編集部「そうなんですね!築5年ぐらいならそんなにリフォームしなくても売れそうですが、そういう方はなぜリアリエで売却しようとおもったのですか?」

岩井パナソニックだから「安心」をお感じいただき、物件売却依頼いただくこと方が多いと思います。」

編集部「リフォーム提案だけが魅力ではないのですね。」

リアリエで売却する際の流れ

リアルなマンション売却の体験談

編集部「リアリエで売却する場合の流れを教えていただけますか?」

岩井「今のところ、リアリエは東名阪エリア限定で対応しております。まずお問合せいただき、お持ちの不動産が弊社のサービス管轄エリアかどうかをお調べしお返事させて頂きます。」

編集部「そうなんですね。関東は一都三県がエリアですか?」

岩井「はい。しかし、エリアの中でも対応できない場所もございます。東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、岐阜、滋賀、京都、大阪、奈良、兵庫で物件をお持ちの方は、一度お問合せしていただけましたら幸いです。」

編集部「リアリエ対応エリアだった場合は、査定はどのように行うのですか?」

岩井「不動産物件の査定は机上と訪問があり、家に来られたくないという方を中心に机上査定のご依頼を頂戴いたします。しかし、リアリエでは、物件の魅力を査定に反映させるために、できるだけ訪問査定をお願いしております。もちろん訪問査定でも無料で対応いたします。査定金額にご満足いただけた場合は媒介契約を交わし、リアリエサイトを中心に他の不動産サイトにも掲載しながら買い手を探します。」

リアリエ公式ページ

ずばり聞いてみた!こんな物件の売却ならリアリエがおすすめってありますか?

住みたい街ランキングランクインしているエリアなら中古も人気がある!

編集部「こんな物件なら普通の不動産仲介会社より、リアリエがお勧めという条件はありますか?」

岩井「例えば住みたい街ランキングの上位にあるような人気の街は、なかなか新築の物件の販売がなく、手ごろな中古物件を探し、リフォームをする方が多いので、リアリエは特におススメです。
関東ならば、都心や東急などの私鉄沿線、関西ならば北摂、阪神地区などでしょうか。もちろん、それ以外の街でも喜んでお受けいたしますのでお気軽にご依頼ください。」

編集部「そうなんですね。依頼は、戸建も、マンションどちらも大丈夫ですか?」

岩井「はい。どちらもどしどしご依頼ください!」

広い&4LDK以上の部屋数が多い物件はリアリエがおすすめ

住宅を買い替えたときの特例

編集部「あとリアリエで売却をお勧めしたい物件の特徴はありますか?」

岩井部屋数が多い物件や面積が広い物件もお勧めです。
昔は住む家族の人数が多いので、部屋数が多いというニーズが高かったのですが、この頃は2人~3人で住む方も多く、4LDK以上の物件であれば部屋数を減らすリフォームを検討する方も多いです。そんな方にリフォーム提案付き売却サービスはピッタリです」

編集部「そうですよね。大家族も減ってきてますし。」

リアリエ公式ページ

売買からリフォームまで1か所で相談できるリアリエ

パナソニックだからこそできるリフォーム提案付き売却提案

住宅建材もリフォームも扱っているパナソニックだからこそできるリフォーム提案付き売却サービスを取材しました。

部屋数が多い、広い物件で売却をご検討中の東名阪エリアの方がもし読んでいましたら、ぜひ一度、相談してみてはいかがでしょうか?

 

マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条