初心者向け!マンション売却を考えたら知っておきたい期間の話

0
995
マンション

マンション売却で成功を左右するのは事前計画

失敗しない、家の売り方のスケジュールの目安をプロが解説

「どのくらいの期間で自分のマンションは売却出来るのだろうか?」
不動産不動産が現金に変わる瞬間なので、誰しもが気になることです。
売却諸経費の準備、新居探し、引越しの準備など、不動産売却には多くの準備が必要となるので、無計画に売却活動を始めてしまっては、後々大変なことになってしまいます。

そこで、今回は不動産売却の期間について記事をまとめていきます。初心者の方でも分かりやすい内容になっているので、最後までお目をお通し下さい。

どんな作業が必要になるの?マンション売却の流れを確認

リアルなマンション売却の体験談

おおよその期間を確認するといっても、具体的にどんな作業が必要になるのか分からなければ考えようがありません。
まずは、大まかな不動産売却の流れを確認していきましょう。

①不動産会社へ査定依頼

一番初めに取り掛かるのは物件査定

『いくらで売却活動を開始するのか』
室内のコンディション、駅距離、広さ、方角など、物件の個別条件によって不動産価格は変動するので、不動産仲介会社に査定をしてもらわなければ正確な不動産査定は出来ません。

実際の室内を確認する『訪問査定』をしてもらい、所有不動産の現在価値を算出してもらいましょう。
一点、査定時の注意点としてお伝えさせて頂きたいのは、『可能な限り多くの不動産会社に査定依頼をするようにする』とうことです。
一社だけの査定結果では、金額に整合性が取れているのか確認することが出来ません。最低でも3社に査定依頼をし、査定結果を比較するよう心がけて下さい。

②会社選定

売却依頼をする会社を選定します

ここで選んだ会社が、あなたのマンション売却をサポートすることになるので慎重に選択しなければいけません。査定価格の高い、安いだけで判断するのではなく、サービス内容や販売方法、物件の広告方法など、しっかりと確認するようにしましょう。

③媒介契約の締結

不動産会社の選定が完了したら、その会社と媒介契約を締結

媒介契約とは、所有している不動産をどのような条件(価格、引渡し時期など)、成約した際の仲介手数料金額などの取決めを定めた契約のことです。

媒介契約には、『一般媒介契約』、『専任媒介契約』、『専属専任媒介契約』の3種類があるので、この中から1つを選んで契約を締結します。

④物件の売却活動

所有しているマンションの物件情報を市場に露出し、購入希望者探しを開始

不動産仲介会社は、基本的にSuumoやYahoo不動産などのポータルサイトを利用して物件広告を行います。広告を見たお客様から、室内内見の申込があった場合は日程調整を行い、お客様に室内を確認してもらいます。

⑤売買契約

内見したお客様から購入申込をもらったら、購入条件を確認

購入価格、手付金金額、引渡し日など、条件の確認が完了したタイミングで売買契約を締結します。
契約関係書類は不動産仲介会社が作成するので、あなたの負担はありません。

⑥物件の引渡し

あなたのマンションが現金に変わる瞬間です。
このタイミングで部屋の鍵を全て渡さなければいけないので、引渡し日までに新居への引越しを完了させておきましょう。

以上の①~⑥がマンション売却の流れになります。
これだけの作業があるので、期限を定めて不動産売却を行う方はスケジュール管理に注意をしましょう。

不動産の売却理由はなんですか?理由によって期間が変わる!

カレンダー

『両親から実家のマンションを相続』
『転勤になってしまったから』
『手狭になったので広い家に買い替える』
『不動産が高くなっているタイミングだから』

上記はほんの一例で、家庭状況やライフプランに応じて、売却理由を2つのケースに分けることが出来るのです。

  1. 期限を定めて売却活動をする場合
  2. 期限を定めずに売却活動をする場合

期間を定めているケースの代表例は、『実家の相続』や『マイホームの買い替え』などです。
『相続』では納税、『マイホームの買い替え』では住宅ローンの返済があるので、、指定の期日までに必ず不動産を売却しなければいけません。

「不動産売却が完了していないので期限を延長して下さい」

どんな理由であれ、自己都合で売却期日を延長することは絶対に出来ません。期間を定めていないケースの代表例は、『実家への引越し』や『価格上昇時の売却』などです。このようなケースでは、期日を設ける必要が無いので自分の希望だけを考えて売却活動を行うことが出来ます。

つまり、自分の意志一つで売却期間を好きなだけ延長することが出来るので、ゆとりを持って不動産売却を行うことが出来るのです。このように、売却理由は期間に大きな影響を与えるので、不動産売却を検討中の方は必ず売却理由を明確にしておきましょう。

理想の売却スケジュールはどれくらい?

では、一体どれくらいの売却期間を想定しておけば良いのでしょうか。
先述した『マンション売却の流れ』に沿って確認していきます。

①不動産会社への査定依頼 想定期間:2週間~3週間

先述した通り、査定結果を比較するためにも3社へは査定依頼をしなければいけません。
不動産会社を探すといっても、「どの会社に依頼しようか?」、「どうやって探そうか?」分からなければ必要以上の時間がかかってしまいます。

こんな状況であなたの力になってくれるのが、『一括無料査定サイト』です。1度に複数の不動産会社に査定依頼をすることが出来るので大幅に時間を短縮することが出来ます。

すまいValueは大手6社の不動産会社が運営し、信頼できる不動産会社のみ登録されているのでおすすめです。

②会社選定~③媒介契約 想定期間:1週間~10日

査定結果などを確認した上で、不動産会社と媒介契約を締結します。

契約する不動産会社を選定するうえで、査定金額の根拠を必ず確認するようにしてください。根拠もなく高い査定金額を出して契約に結び付ける会社もありますので注意が必要です。

また、担当する営業マンやその上司の方のレスポンスが早いか、人柄やあなたとの相性を確認してください。長期に渡り、何度もやり取りがある相手ですので、気持ちよくコミュニケーションが取れる相手であるのかも重要です。

なお、契約時は三文判とペンを用意しておくだけで良いので、多くの時間を必要としません。

③売却活動 想定期間:4ヶ月~5カ月

「こんなに長い時間が本当に必要?」
このような印象を持つ方もいますが、売却期間は長めに想定しておかなければいけません。
購入希望者探しは不動産売却において、最も大きな不確定要素となる項目だからです。
『お客様からの問い合わせ』
『内見希望者の数』
どんな結果になるのか、事前に予想することは不可能です。

進捗状況に応じて、売却条件の変更(販売価格など)を検討しなければいけないケースもあるので、ゆとりを持った活動期間を設けるようにしましょう。

④売買契約~引渡し 想定期間:2ヶ月~3ヶ月

無事に購入希望者が見つかったら、売買契約を締結し物件を引渡します。契約後、すぐに不動産の引渡しが出来るというわけではありません。

購入者は『住宅ローンの諸手続き』など、あなた自身は『新居への引越し』など、お互いにやらなければいけない作業がいくつもあります。契約書にも記載される項目なので、無理のないスケジュールを立てましょう。

マンション売却期間は〇ヶ月想定しておこう

売却の理由も重要です

ここまでの内容を確認すると、マンション売却には8ヶ月~9ヶ月の売却期間を想定しておく必要があると言えます。もちろん、東京23区の都心部、駅近などのマンションであれば3ヵ月程度で売却できる事例は多数あります。また、『平均売却期間』という言葉を目にする機会があると思いますが、売却理由を考慮していないので参考にしてはいけません。

おおよそのゴールを想定しておけば逆算して作業をこなしていくだけなので、時間に追われるリスクを大幅に軽減することが出来るでしょう。

ゆとりのある売却期間を想定し、より良いマンション売却を実現して下さい。