無料査定はちゃんと見ているの?

自分のマンション売却をお考えの方必見

マンション

マンションを売却するときは査定をしますが、その査定には無料と有料の2種類あります。結論からいうと、一般的なマンション売却であれば無料査定で問題ありません。

ただ、無料査定する際の注意点はあるので、その点を理解した上で無料査定を行う必要があります。

そこでこの記事では、無料査定と有料査定と違い、および無料査定を行う際の注意点を解説していきます。

無料査定と有料査定の違いとは?

冒頭のように、一般的なマンション売却は無料査定で問題ありませんが、その理由を知るためには無料査定と有料査定の違いである以下を知っておきましょう。

比較項目 無料査定 有料査定
査定する人 不動産会社の社員 不動産鑑定士
用途 不動産売却時 特殊な売却や証拠資料として
金額 無料査定 鑑定士事務所による

簡単にいうと、無料査定はマンションなどを売却するときに利用し、有料査定は特殊な売却や相続などによって「対外的な評価」を得たいときに利用します。

有料査定の概要と用途

そもそも有料査定とは、一般的には不動産鑑定士が行う査定であり、「不動産鑑定評価基準」に則って行う査定のことをいいます。先ほども少し触れましたが、有料査定は以下の状況のときに利用される査定です。

  • 関係会社間の不動産取引のとき(適正でないと贈与になる)
  • 遺産相続で揉めたとき(客観的な評価がないと解決しない)
  • 賃料や立退料で揉めたとき(裁判所や税務署に対する証拠資料)

言い換えると、一般的な不動産売却時に有料査定を利用することは極めて少ないです。

無料査定の概要

電卓と見積もり

一方、無料査定は不動産会社の担当者が行う査定方法であり、マンション売却時は「取引事例比較法」が利用されます。取引事例比較法とは、周辺で最近成約したマンション事例をピックアップし、その事例を基に査定額を算出する方法です。

つまり、前項のような特殊な不動産売却や、裁判所や税務署などに対する証拠資料のための査定ではなく、「不動産の売却」を目的とした査定ということです。

言い換えると、マンションを売却するときは、むしろ有料査定よりも無料査定の方が目的に合った査定といえ、だからこそ「マンション売却時は無料査定で十分」なのです。

査定額について

有料査定の査定額は不動産鑑定士事務所によって異なりますが、あくまで一例として以下のような金額となります。

  • 宅地または建物のみ:180,000円(税抜)~
  • 家賃:300,000円(税抜)~
  • マンション一室:300,000円(税抜)~

このように、たとえばマンション一室の査額額は30万円以上となるため、有料査定を利用すると高額になることが分かります。繰り返しますが、一般的なマンション売却において、ここまで高額な金額を払ってまで有料査定する必要はないといえるでしょう。

マンション売却で無料査定を利用する注意点

前項のように、一般的なマンションを売却するときは無料査定で問題ありませんが、以下の注意点は認識しておきましょう。

  • 注意点1:複数の不動産会社に査定依頼する
  • 注意点2:査定額の根拠をヒアリングする
  • 注意点3:相場価格を調べておく

注意点1:複数の不動産会社に査定依頼する

不動産屋

1つ目の注意点は、複数の不動産会社に査定依頼するということであり、その理由は以下になります。

  • 不動産会社によって査定額が異なる
  • 営業面が強すぎる不動産会社がある

不動産会社によって査定額が異なる

不動産会社によって査定額は異なります。というのも、不動産会社にも得意・不得手があるからです。たとえば、土地や一戸建てをメインに仲介している不動産会社であれば、マンション売却に慣れていないので査定額は低くなるかもしれません。

しかし、一社にしか査定依頼せずに、その不動産会社がたまたま「マンション売却には慣れていない不動産会社」であった場合、ほかの不動産会社ならもっと高い査定額になったのに…ということになりかねません。そのため、複数の不動産会社に査定依頼するべきなのです。

自社の利益目的が強すぎる不動産会社がある

ここが一番注意するところです。「大手だから安心」「買ったときの不動産会社だから」とあまり調べずに1社と契約してなかなか売れない、相場より安かったというのは本当に多いのです。

そもそも、不動産会社が無料で査定する理由は、査定することで「媒介契約」を取得でき、媒介契約を取得することで仲介手数料を得られるからです。つまり、不動産会社にとって無料査定は「営業」と同じであり、不動産会社の中には営業面が強すぎる会社もあります。

たとえば、媒介契約を取得するために高めに査定額を提示する不動産会社もあり、そのような不動産会社に売却を依頼すると、結局はずるずると売却金額が下がってしまうリスクがあります。

そのため、複数の不動産会社に査定依頼して比較し、優良な会社を見極める必要があるのです。

注意点2:査定額の根拠をヒアリングする

不動産の相談、不動産業者

2つ目の注意点は、不動産会社が提示した査定額だけを見るのではなく、その査定額を算出した根拠を

きちんとヒアリングすることです。というのも、前項で解説したような「媒介契約を取得するために高い査定額を提示する」ような不動産会社がいるので、その不動産会社を見極めるためです。

そのため、他社と比べて高い査定額を提示している不動産会社は、特に注意して査定額の根拠をヒアリングしましょう。その根拠が、たとえば「最近近くで似たような物件を成約した」や「売却実績が豊富」など納得感がないのであれば、査定額をそのまま信じてはいけません。

注意点3:相場価格を調べておく

契約済み、販売済み

3つ目の注意点は、相場価格を自分でも調べておくことです。というのも、複数の不動産会社に査定依頼をしてそれぞれ比較するときに、相場価格が頭に入っていた方が比較しやすいからです。

具体的には、以下2つのサイトで周辺の成約事例を確認しましょう。

上記2つのサイトを利用して、自分のマンションと近いエリアで築年数や広さなどの条件が近いマンションをチェックしましょう。そのマンションの成約価格を見れば、ざっくりと自分のマンションの相場価格が分かってきます。

マンション査定まとめ

売却ならば無料査定で十分だけれど

このように、マンションの査定は無料査定が基本であり、有料査定は特殊な売却時だけという認識で良いです。

ただし、無料査定するときは「複数の不動産会社に査定依頼する」「査定額の根拠をヒアリングする」「相場価格を調べておく」という注意点を頭に入れて行うようにしましょう。


「住みかえ王子」では、家づくりや家探しなどの住みかえの疑問について、アドバイザーに無料でご相談いただけるサービスを提供しております。フリーダイヤルまたはLINEでのご相談も可能です。詳しくは以下をクリックしてください。


マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条
中村昌弘
都内の私立大学を卒業後、新卒採用で不動産ディベロッパー勤務。不動産の用地仕入れや、分譲マンションの販売・仲介などを手掛ける。自身もマンションの購入・売却の経験があるので、実体験に沿った内容を執筆できる点も強み。