この記事では、営業されたくない方に向けて不動産一括査定サイトを紹介します。不動産一括査定サイトを利用すると、査定後に頻繁に営業されるのではないか……と心配されている方には匿名での査定がおすすめです。

売却条件を比較できる不動産一括査定サイトの心配ごとは……?

パソコンを眺める女性

家の値段は知りたいけれど営業かけられるのは嫌

不動産売却をもしお考えでしたら、物件の相場を知ることから始めます。最も簡単な相場を知る方法は一括査定サイトを使うことでしょう。

複数の不動産業者に同時に査定依頼を出せて、いくらで売れるか比較検討が1度できるため、多くの方が利用しています。

査定額は比較したい!営業はされたくない!

この記事では、営業されたくない方に向けて、不動産の一括査定サイトを紹介します。一括査定サイトの心配は査定後に、頻繁に営業されることでしょう。

複数の不動産会社を比較出来ることは良いのですが、各社の営業活動に対応するのは大変です。出来れば不動産会社から営業活動をされずに査定額を比較検討出来れば理想的ですよね。

匿名で不動産査定ができるサービス:ホームズ

ホームズ

こんな時に利用を検討して頂きたいのが、ホームズの匿名査定です。

ホームズでは、「売却を考えているけど、電話営業はいけたくない」という方のために、個人情報が必要ない匿名一括査定を行っています。

対象不動産は一戸建て、土地、マンションです。複数の不動産会社に一括査定ができ、売却条件などの比較も出来るので、通常の一括査定とサービス内容に大きな違いはありません。

自分のペースで不動産会社を比較したいという方は、一度利用を検討してみても良いのではないでしょうか。

匿名一括査定を利用するメリットは?

女性 税金

匿名サイトを利用する最大のメリットは、不動産会社からの営業活動を受けずに済むということです。一括査定サイトの利用は無料ですから、出来れば一社でも多くの不動産会社に査定を依頼したいものです。

さらに、より高くマンションを売却するためには、多くの不動産会社の査定結果を比較しないといけませんから、複数の会社に査定依頼が出来なければ一括査定サイトを利用する意味が半減してしまうでしょう。

不動産会社の中には熱心な営業活動をしてくるところも

ネット上には数多くの不動産一括査定サイトが存在しているので、口コミなどを利用して評判の良いサイトを比較することも出来ます。でも、あまり頻繁に営業をされるのは嫌ですよね?

  • 『仕事中に電話がかかってくる』
  • 『夕飯時の時間に電話がかかってくる』
  • 『休日になると朝晩関係なく電話がかかってくる』
  • 『自宅に必要のない会社からパンフレットなどが届く』 

不動産会社によっては、上記のような社熱心な営業活動を行ってきます。これでは対応するのも嫌になってしまうでしょう。だから、まずはホームズなどの匿名一括査定サイトを利用すると良いです。

正確な不動産価格を比較できるのか?匿名査定サイトの2つのデメリット

不動産物件を探すカップル

匿名一括査定サイトにも、もちろんデメリットはあります。

匿名での不動産査定のデメリット①:査定金額が正確ではない

不動産売却で重要なことは、『売出価格の設定』と『不動産会社選び』。売出価格の設定とは、不動産会社による査定価格のことです。

匿名で、マンションの部屋番号などの情報を提供せずに不動産会社に査定を依頼している……これは、階数も分からない、方位も分からない、間取りもわからない、このような状況です。

不動産会社には売却事例情報がありますが、匿名査定では正確な不動産査定を行うことは不可能。これが正直なところです。1つめのデメリットですね。

匿名での不動産査定のデメリット②:査定額だけが決め手になりがち

匿名一括査定は建物情報(マンション名・駅距離・築年数など)だけで査定価格を算出しているので、エリアの相場観を理解していれば誰でも当たり障りのない査定結果を出すことが出来るとも言えます。

  • 『査定価格の根拠』
  • 『どんな売却活動を行ってくれるのか』
  • 『担当営業マンはどのような人なのか』

匿名一括査定では、上記のような不動産会社の情報が不足した中で比較検討していかなければなりません。それぞれの不動産会社の情報は、また別に自分で確認する必要があります。匿名での一括査定はノンストレスですが、それだけでは不動産売却をするための情報は足りないと言えるでしょう。

関連記事

匿名査定は売却するかはっきり決まっていない人向け

家 住宅

本格的に家を売ろうとお考えなら複数の不動産会社に査定してもらおう

この記事では以下の内容を紹介しました。

匿名での査定は、まだ家を売ろうかどうか迷っている方向けのものです。一方、本格的に家の買い替えの準備に入っているのであれば、実際に不動産会社に家を見てもらって見積もり査定をしたほうがいいでしょう。メリット・デメリットをしっかり理解して頂いた上で、匿名一括査定サイトを利用してくださいね。

監修者から

匿名査定サイトに査定者の立場で弊社は登録しております。その立場で記載すると、匿名査定については物件が特定できない場合も多いです。

更にご売却の御意思が固まっているかも分からないので、調査のレベルは実名査定よりもかなり下げて査定を行います。つまり、価格にある程度幅をもって査定するケースが多いです。

不動産は個別性が高い商品なので売却を検討している方は実名査定、記事にもあったようにまだ売るかも決めていない、相場のみ知りたい方には匿名査定が向いています。

監修 鈴木 良紀
(株)ウィルゲイツ・インベストント勤務。大手ゼネコン、ディベロッパー、不動産ファンドを経て、(株)ウィルゲイツインベストメントの創業メンバー。不動産、法律に広範な知識を有し様々なアセットのソリューションにアプローチ。宅地建物取引士・ビル経営管理士鈴木が監修した他の記事はこちら

関連記事