マンションから戸建てに住み替える5つのメリット

0
35
住宅

出産でご家族の人数が増えるなどでライフスタイルは変わります。現在マンションを購入し住んでいる方にも、戸建てへの憧れがある方ha多いものでしょう。しかし、一度マンションに住み慣れてしまうと精神面や金銭面の不安から、なんとなく戸建てへの住み替えを決断しにくいものです。

本記事を通じて、改めて戸建てへの住み替えのメリット・デメリットを踏まえてみてください。そして、マンションから戸建てへの住み替えの検討を、より具体的にしていただければと思います。

戸建てに住み替える5つのメリット

女性 内覧 チェック

マンションから戸建てに住み替えるメリット①:住居が広くなる

毎日帰る家だからこそ、住環境にはこだわりたいものです。たった数平米、部屋が広くなっただけでもかなり快適さを感じられます。

家族の人数が増えればもちろんのこと、家具家電の量が増えるだけで収納場所に困っている方も多いのではないでしょうか。もっと広い住宅に住み替えればのびのびと生活できます。更に注文住宅であれば自分で設計もできるでしょう。マンションと違って管理組合に承認をとるわずらわしさもなく、外壁や玄関扉も変更可能。マンションと戸建てでは、リフォームも自由度が格段に違うのです。

ポイント

広い住居なら1階と2階で寝室を分けるなど家族内でもプライベート性が確保できますし、逆にお子様から目を離したくない時はリビングから見える庭で遊ばせるなど、対策の幅も広がります。

マンションから戸建てに住み替えるメリット②:自分だけの庭や駐車場もある

庭がついているマンションもありますが、利用規則が厳しい物件が多いでしょう。ペットを飼ってはいけないマンションも少なくありません。一方、戸建てなら自由にガーデニング・家庭菜園・バーベキュー、ペット飼育などもできます。もし周囲の目線が気になるのであれば、敷地内にフェンスを設置すれば良いでしょう。フェンスの設置ももちろん自由です。マンションのように管理組合の許可は要りません。

駐車場無料のメリットは大きい

駐車場が無料のメリットはかなり大きく、毎月の支払いにかなり影響してきます。土地によっては複数台の車を置けますし、庭部分を駐車場に変えるのも自由です。一度住まれている地域の駐車場相場を調べてみると、毎月かなりの駐車場代が浮くのかわかると思います。ご自分の住宅なのにマンションにお住まいの方はいくら駐車場代を支払わなければいけないのか、一度確認してみてください。戸建ての駐車所代がタダの魅力を確認できます。

駐車場で車を降りてから10秒以内に家の中に入れるのも大きな魅力です。マンションの場合は部屋と駐車場が離れているので、なかなかこうはいきません。極端な話、立体駐車場などでは駐車場についてから、機械を操作したりして車を止めて機械を戻してからようやく部屋に入るのに10分以上かかる場合もあります。

関連記事

マンションから戸建てに住み替えるメリット③:近隣との騒音トラブルが少ない

戸建てなら下階への足音を気にする必要もないですし、上階・隣接住戸もないので騒音被害をうける心配も少ないです。とくに小さなお子様がいる家庭には嬉しいメリットになります。

せっかく購入した住宅でも、毎日音に気を遣うのは非常に大きなストレスになるので、騒音ストレスは戸建て検討の第一理由になる方が多いです。マンションの場合、一度下から「うるさい」と苦情を受けるとそのあとずっと住みづらい状態が続きます。

ポイント

騒音ストレスを苦にした住み替えは皆さんが考えるよりもずっと多いのです。

マンションから戸建てに住み替えるメリット④:ランニングコストが安くなる

「戸建てはマンションより高い」というイメージがありますが一概にそうとは言えません。管理費・修繕積立金・専用庭使用料・駐輪代・駐車代を足すと毎月数万の出費になりますし、購入代金自体が高くても、毎月の支払いはマンションと大差がないこともあります。

マンションから戸建てに住み替えるメリット⑤:ペット飼育等、自由度が高い

ペット飼育も戸建て検討の大きな理由になることが多く、自由度の面で更にいうと、駐車場にカーポートを設置、庭を舗装、建物のリフォーム、好みのインターネット回線を導入、安い電力会社との契約、なども戸建てであれば全く問題ありません。

マンションでは上記を行うのに許可や申請が必須ですし、実現しないことが多々あります。たとえば、玄関ドア・サッシはマンションの共用部にあたるので自由に取り換えたりはできません。

ポイント

建物が古くなったからといって簡単に建て替えはできませんし、お子様が将来住める土地などの資産をそのまま残せるのも戸建てのメリットです。

戸建てのデメリット

戸建て住宅のデメリットもしっかりとみておきましょう。ご家族に高齢者がいる場合などは、エレベーターが無いなどのバリアフリー性で悩むことがあります。勿論設計段階で対策は可能なので、プロに相談して検討を進めましょう。

戸建て住宅は防犯性の面でもマンションより劣ることが多いです。庭の目隠しフェンスなどはプライベート性が保てる反面、一度侵入されると被害にあいやすいというデメリットが出ます。こちらも警備会社を契約など、対策はできますが事前に確認しておきましょう。

ご近所付き合いは一長一短

人によっては町内会などのご近所付き合いが苦痛な方もいると思います。しかしながら上記防犯面でもメリットがあるので、ご近所付き合いは避けて通れない点です。マンションよりも隣との距離が離れているので、ご近所付き合いは面倒でも我慢すべき点だといえます。

ランニングコストが無い分、大きな補修費用がかかるタイミングが出てきます。屋根の補修などは必ず出てきますし、放置すると雨漏りして満足に住めなくなってしまいます。費用も100万円単位でかかることが多いので、計画的に貯金をすることが大切です。

住み替え時は、まず一括査定

住み替えの際、今の家がどのくらいの値段で売れるかわからないと不安です。そんなときには、一括査定サービスを利用すると良いでしょう。とくにおすすめはすまいValueです。大手不動産6社からの査定を一括で申し込めます。もちろん査定は無料です。

住まいバリュー

戸建てかマンションか:自身の状況にあわせて、かしこい選択を

リビング

この記事では以下の内容を紹介しました。

漠然と物件情報を眺めていても、具体的な生活のイメージは難しいものです。まずはここまでにあげたメリット・デメリットを踏まえて、住み替えた後のことをイメージしましょう。戸建てに住み替えたい方が大半だとは思いますが、もちろんデメリットも存在しますし、事前に確認しておく事項もあります。人生に数回あるかのビッグイベントなのでしっかりと検討していきましょう。

監修 鈴木
監修者:鈴木良紀 (株)ウィルゲイツ・インベストメント勤務。大手ゼネコン、ディベロッパー、不動産ファンドを経て、(株)ウィルゲイツインベストメントの創業メンバー。不動産、法律に広範な知識を有し様々なアセットのソリューションにアプローチ。宅地建物取引士 ビル経営管理士 https://fudousan.click