人生で一番大きな買い物で後悔しないために

実際にあったマイホーム購入失敗談から学ぶ

マンションを購入するときは、残念ながら確認不足やチェックミスなどによって失敗してしまうことがあります。しかし、マンションなどの「住まい」は高額であり、かつ長年住む商品なので、当然ながら失敗したくないものです。

そこで今回は、実際にマンション購入の失敗例を3つ紹介していきます。この失敗例を見ておくことで、どのような失敗をしてしまうのか?どのような対策があるのか?が分かってくるでしょう。

マンション購入の失敗例1:現地確認不足

1つ目のマンション購入失敗例は、現地確認不足による失敗例です。この失敗は、新築・中古に限らず、どの場所でマンション購入しても起こり得るので気を付けましょう。

失敗例の概要

Aさんは、埼玉県さいたま市の中古マンションを購入しましたが、マンションに住んでみて以下のようなことに気が付きます。

  • 夜は現地周辺が暗くなる
  • 最寄りに大型商業施設があるが歩道が狭く歩きにくい
  • 目の前の公園は平日昼間に学生が集まりうるさい

Aさんは、このマンションを購入するときに2回ほど現地確認をしましたが、いずれも休日の昼間と夕方でした。つまり、夜や平日の昼間の様子を確認することなく物件を購入したので、上記のようなことには気づけなかったのです。

さらに、重要事項説明には「現地近くに公園があり、場合によっては騒音などがする可能性があります」としっかり書いてあったものの、実際は大したことないだろう…と油断してたのも、このような事態になった原因といえるでしょう。

失敗への対策

このような失敗は意外と良くあります。というのも、中古マンションの場合には、不動産会社の車で現地まで行くことも多いですし、物件見学は休日にすることが多いからです。

しかし、平日・休日や昼と夜で現地の雰囲気が変わる場合もあるので、必ず時間帯や曜日を分けて現地確認するようにしましょう。

また、マンションなどの住まいは「馴染みのあるエリア」に住むこともあります。たとえば、「実家から近い場所」や「学生時代に住んでいた場所」「会社に近い場所」です。そのため、ある程度知っているエリアだからこそ、現地確認を怠る危険性があります。

仮に、「昔住んだことがある場所」だったとしても、街の雰囲気は変わります。そのため、ある程度知っている場所だとしても、入念に現地確認してからマンションの購入を検討しましょう。

マンション購入の失敗例2:図面を良く見なかった

書類

2つ目のマンション購入失敗事例は、図面を良く見なかったという失敗事例です。この事例は、建物完成前の新築マンションを購入するときの事例になります。そのため、建物完成済みの新築マンションや、室内を見学できる中古マンションは該当しません。

失敗例の概要

Yさんは大手ディベロッパーの新築マンションを購入しました。そのマンションは建物完成前だったので、外観は模型などで確認し、室内はモデルルームと図面で確認して購入しました。しかし、室内を実際に見られる内覧時に、以下のようなギャップを感じてしまいます。

  • 天井が低い部分が多い
  • 窓が曇りガラスの部屋がある
  • モデルルームと色が違う

上記を営業担当者にいったものの、全て図面に記載してあること…として仕様変更などは受け入れられませんでした。

失敗例の原因と対策

この失敗の原因は図面の確認不足です。建物完成前の新築マンションは、図面で判断するしかありません。具体的には、「下がり天井」や「梁」、窓ガラスの形状や仕様などを図面で確認します。

モデルルームはマンションの中の一室をピックアップしているに過ぎず、しかも大抵の場合は「そのマンションで一番見栄えがする部屋」をモデルルームにしています。そのため、上記のような認識ミスは新築マンションでは割と起こり得ます。

この失敗への対策は、とにかくきちんと図面を読み込むことです。図面にて、室内の色合い、下がり天井・梁・窓ガラスの形状などを確認します。

そして、モデルルームとの違いをきちんと認識した上で、申込み・契約をしなければいけません。

マンション購入の失敗例3:付帯設備表の確認不足

住宅を買い替えたときの特例

3つ目のマンション購入失敗例は、付帯設備表の確認不足による失敗です。これは、中古マンション購入時の失敗例になります。

失敗例の概要

Gさんは中古マンションの購入を検討しており、いくつかのマンションを見学していました。その中で気に入ったマンションがあったので、ローン審査・申込と進み、無事に売買契約・引渡しを受けました。

しかし、引渡しを受けてみると、以下のような状況だったのです。

  • エアコンが撤去されている
  • 寝室の照明が設置されている
  • キッチン下の収納が開きにくい

Gさんは、エアコンをそのまま設置されているものと思っており、逆に寝室の照明は撤去されているものと思っていました。また、キッチン下の収納が開きにくい点は認識していないという状況です。

上記の点を仲介してくれた不動産会社に問い合わせたところ、「付帯設備確認表にその旨の記載があります」と言われ、確認したら確かに記載されていました。また、契約前のことを良く思い返してみると、付帯設備確認表で上記の説明を受けた記憶がうっすらとありました。

ただ、重要事項説明書の内容でもなかったので、あまり良く聞いていなかったことによって、このような事態になってしまったのです。当然、付帯設備確認表にはGさんの署名・捺印もありますので、上記はそのままの状態になります。

失敗への対策

中古マンションの場合は新築マンションと違い、元々付帯されている設備がいくつかあります。それを撤去するか・設置したままにするかは、売主と買主間で決めます。ただ、中古マンションの内見時に1つ1つ確認するケースは少なく、大抵の場合は申し込み時などにサラッと説明されるケースが多いでしょう。

今回の場合は「不具合」もありますのできちんと説明すべきという意見もあると思いますが、原則は付帯設備確認表にて「説明している」という扱いになります。

対策としては、付帯設備確認表をきちんと確認することはもちろん、内見時に設備を撤去するのか・そのままなのか?をきちんとヒアリングし、かつ室内に不具合がないかを自分で確認することです。

どれもよくある失敗です

購入時にしっかり確認しましょう

このように、マンション購入例の多くは「確認不足」や「チェックミス」によるものです。もちろん、上述した以外の失敗例も世の中にはたくさんあると思いますが、特に多い失敗として上述した事例は認識しておきましょう。

そして、同じ失敗をしないためにも失敗例の概要を理解し、その対策について認識しつつ物件探しをすることが重要です。


「住みかえ王子」では、家づくりや家探しなどの住みかえの疑問について、アドバイザーに無料でご相談いただけるサービスを提供しております。フリーダイヤルまたはLINEでのご相談も可能です。詳しくは以下をクリックしてください。


マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条