中古マンションの住宅ローンは審査の前が大事!

最初を間違えると通る審査も通らない?

中古マンションの住宅ローンの審査は最初が大事です。何故なら、審査結果や、審査履歴などの情報は、金融機関が共通で把握できるからです。つまり、最初の審査でつまずいてしまうと他の金融機関もその履歴を把握(正確には保証会社と呼ばれる機関が把握※後述)でき、心象が悪くなってしまいます。

そのために、特に最初の審査には気を付けましょう。

中古マンションの住宅ローンを組む上で確認すべき事

1)過去の借り入れについて

Cash MachineCash Machine / Tax Credits

過去にお金を借りた事があるかは必ず確認しておきましょう。中古マンションの住宅ローンを組む上で一番審査が厳しいポイントは「過去の借入の延滞履歴」です。

例えば「学生時代にカードで気軽にキャッシングをし、うっかり口座にお金がなく延滞になってしまった。」などの履歴もしっかり残っています。延滞履歴があると、3~10年ほど履歴が消えません。そして、延滞履歴がある場合には、どこの金融機関の審査もかなり厳しい事はご認識ください。

借り入れがある場合にはしっかり報告し、過去の延滞がある場合には、ケースによっては名義人を変える必要が出てきます。

2)銀行を選ぶポイント①

中古マンションの住宅ローンを組む上で大事なポイントは銀行選びです。大事なポイントは「金利」です。金利は低い方がもちろん良いですが、変動金利は〇〇銀行が低いけれども、固定金利は▲▲銀行が低い、などプランによって違いますので、希望プランをしっかり比較しましょう。

更に「固定と変動をミックスで組める」や「固定の途中から変動に組み直せる」というような金融機関もありますので、金利の低さだけでなく、ご自身のプランに合った金融機関をお選びください。

3)銀行を選ぶポイント②

2つ目のポイントは「諸費用」です。銀行から借り入れを行うと「手数料」と「保証料」という金額がかかります。保証料とは昔で言う「保証人」です。今は「保証会社」が保証人の代わりをしてくれるので、その保証会社に払う金額が保証料になります(冒頭で出てきた通りこの「保証会社」も審査に関わっています)。

特に手数料に関しては銀行によって異なる上に、十万円単位で金額が違いますので、必ずチェックをしましょう。いくら金利が低い金融機関を選らんでも諸費用が高くては勿体ないです。

4)借入期間について

中古マンションの購入の際、住宅ローンを組む時には借入期間に気を付けましょう。一般的には35年が最大の期間になりますが、金融機関によっては40年超の期間でも借り入れを起こせます。逆に短くも出来ますが、その分月々の支払が上がるので金融機関の審査を厳しくなります。

会社を定年した後にも、住宅ローンが残ると、収入がないのに支払いが発生してしまうため、非常に厳しい状態になり得ますので、借入期間には十分注意しましょう。

5)元利均等と元本均等

押印

中古マンション購入の際は色々決めなくてはいけない事が多いので、細かい所を忘れがちです。住宅ローンの元利均等と元本均等が代表的な例です。簡単に言うと、元利均等は「月々返済額が毎月同じ。」という払い方で、元本均等は「金利でなく元本から支払うので最初の支払額は大きく、徐々に減っていく。」という払い方です。総返済額は元本均等の方が少ないのですが、最初の負担が大きくなるので、基本的には元利均等で案内されます。

ご自身の判断で最初の月々払いが高くて良ければ元本均等払いの方が総返済額はお得です。

6)自己資金について

マンションの資産価値

中古マンションの購入は高いお買い物ですので、持っているお金をどのくらい頭金にするかは迷う所です。病気や転職などで数百万円出ていくということもこの先あるかもしれません。

かといって頭金0円で中古マンションの購入金額を全て住宅ローンで組むことも可能ですが、その分審査が厳しくなりますしおすすめしかねます。勤務先や年齢、年収によっては頭金が0円だと、審査の土台には乗っても、落ちてしまうケースもあるので、プロフィールを加味して担当者と相談しながら頭金の額は慎重に決めましょう。

7)その他 特殊ケース

Japanese Yen BillsJapanese Yen Bills / Japanexperterna.se

確定申告をしている時は基本3年分の確定申告を求められます。収入は額面ではなく、あくまで「所得」で見ますので、経費計上などで所得を抑えていると、実際には年収が高いのに審査が落ちるケースもあります。経営者の方は、会社の決算書も求められ、その決算が赤字であると審査が厳しくなる金融機関が多いですので注意しましょう。

また、転職歴も金融機関が見るポイントです。中古マンションを購入時に「転職してまだ3か月経っていない」など転職してから日が浅いケースや、転職歴が多いケースだと審査が厳しい、若しくは審査の土台に乗らないケースもあるので、担当者と確認しつつ金融機関を選びましょう。

住宅ローンはネットでも審査ができます

「じゃ、次に有休をとって銀行に行って住宅ローンの相談をしてみよう」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。それでももちろんいいのですが今はネットから住宅ローン審査申し込みもできます。住信SBI住宅ローンは病気で12カ月以上働けない場合は返済が0円になる頼もしい保険も付いた住信SBI銀行の住宅ローンです。

中古マンションの住宅ローン審査は慎重に

自分で確認できるところは事前にしておこう

ご覧のように中古マンションの住宅ローンの審査は注意点が諸々有ります。住宅ローンの審査自体は無料で簡単にできるのですが、軽い気持ちで審査をせずに諸条件を確認してから行いましょう。

冒頭で申し上げた通り、履歴は全て残り、その結果は金融機関も把握できますので、より審査に通り易い形で、そしてご自身の返済プランがスムーズになるようにしたいですね。

マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条