家を売りたいあなたが「今やるべきこと」と「考えるべきこと」

0
560
家の設計、見取り図

もしもあなたが家を売りたいのなら、今やるべきことと、家を売却する際に考えるべきことがあります。

この記事では、家を売りたいあなたのために、家の売却時における大切なポイントと、先を見越したプランをしっかりと立てることの重要性をご紹介しています。参考にしてみてください。

家を売却する際に明確な動機を考える

困った 女性

「家を売りたい」と思ったら、まずは本当に売却する必要性があるのか、売却することでどのようなメリットを感じられるかを明確に抑えることが大切です。

当然ですが、家の売却はバッグの売却などのように、手軽に行えるわけではありません。不動産購入は、あなたにとって人生でも1位2位を争うほどの高額な買い物だったでしょう。せっかく購入した家を正当な理由もなく売却するのは損をすることになる可能性が高いです。

しかし、しっかりとした明確な理由があり、あなたにメリットがあるのなら、売却を実際に進めていきましょう。人によってはお金の問題で今すぐに家を売却しなければいけないというケースもあります。

家を売却する明確な動機があれば、家の売却で不利益をこうむることにはならないはずです。

家を売りたい理由を再確認して販売開始

税金

家を売りたいのなら、売却後に達成したいことを再確認し、販売を開始をするのがベストです。

離婚を理由に家を売りたいケース

生活面でネガティブな状況の場合……たとえば、あなたが夫や妻と離婚訴訟中で、家のローンがまだ残っている状態だとします。その場合、夫か妻のどちらか一方が離婚した後もそのまま家に住み続ける選択肢もあるでしょう。

しかし、早くローンを返済しようととすると、家の売却を検討する選択肢もあります。家は財産分与の扱いになるので二人で分けなければなりません。

この場合、お互いがにリスタートを切ることが『達成したいこと』になります。

借金が原因で家を売りたいケース

資金面の理由で家を売りたいこともあります。たとえば、借金が原因で家を手放さなくてはいけないケースです。

芸能人の方などでもよく見るケースですね。契約違反で借金を抱えてしまい、3億円の豪邸が競売にかけられた……そんなニュースを見たことがあるでしょう。

このように緊急を要するときは、できるだけ早く自宅を売りに出し、売却を進めなければいけません。家を売却し借金を返済できれば、気持ちの面である程度余裕が生まれることもあるでしょう。

『借金の完済を達成するために、家を売りたい』……これも『達成したいこと』が明確なケースの1つですね。

関連記事

なぜ家を売りたいのか?なぜ売らなければいけないのかを熟考する

住宅販売

ネガティブな売却要因を先に紹介しましたが、家を売却する理由には、さまざまなものがあります。

そこで、あなたがなぜ家を売りたいのか、なぜ家を売らなければいけないのかを熟考し、確かな動機を見つけてください。

たとえば、以下のような例が挙げられます。

  • 不要になり、維持費がもったいない
  • 手狭になった
  • 儲かりそう
  • 支払いが苦しい

 

① 家が不要になり維持費がもったいない

まずは、家が不要になり維持費がもったいないケースです。

ご存じのとおり、一軒家は住み続けている限り固定資産税がかかります。ローンが残っているのであれば、その支払いも必要でしょう。

もし、もう住む必要がなくなったのであれば、家を売却するのも手です。家を売却すれば、売ったお金をローン返済に充てることも可能。賃貸に安く引っ越せば、生活費が楽になることも考えられます。

監修者から

相続で田舎の実家を取得した場合、古くて人に貸すのも難しいケースが多いです。また、売却するにも商品として一定の品質を満たすには、ある程度お金をかけて手を入れなければならないことが多いと思います。

貸すのも売るのも難しい……そんな空き家を何年もほったらかしにしてしまうケースが非常に多いです。しかし、この『放置』がもっともやってはいけないことです。

相続から3年を経過すると相続税の取得費加算の特例など、さまざまな税の優遇が受けられなくなります。

不要な家は、運用するか売却するかを早急に決めて行動を起こさないと、デメリットしかありません。注意してください。

②家が手狭になった

お子さんが成長して大きくなれば、部屋も狭くなりますし、場合によってはもっと大きい家に引っ越す必要もあるでしょう。

子供が生まれたこと、子供が成長したことで、引っ越ししたり、家を売却するケースも多くあります。

監修者から

家を買い替える理由の中で、最もポジティブなものです。

たとえば、当初は子供一人の予定で2LDKの家を購入した夫婦が、ライフステージの変化で結婚後子供3人に恵まれたケースなどです。

家族5人暮らしですと、2LDKでは明らかに手狭。「子供に子供部屋を上げてもっと快適に暮らしたい」という目的達成のために今の2LDKの家を売って、3〜4LDKの家を買います。

家族構成と生活スタイルが確定すれば、住宅に対して譲れないポイントも明確。そのため、家選びで失敗する確率も低いのでおススメです。

③家を売ったら儲かりそう

不動産投資や不動産経営をしている方ならご存じでしょうが、不動産は価値が高く、場所やもの、需要によっては相当な高値での取引が可能です。

場合によっては、家の売却で利益を生み出せる可能性もあります。

④ローンの支払いが苦しい

ローンの支払いがまだ多く残っていたり、その他の生活費があり、支払いが苦しいことも多く見受けられます。

買い手が見つかり家が売却できれば、返済が非常に楽になる可能性が高くなるのです。

監修者から

月々の支払いが厳しい状況になったら早めに手を打つことをおススメします。ここで行動しないと状況はますます悪くなってしまうので、まずは査定を依頼しましょう。

自宅の査定を依頼するなら一括査定がオススメ

家を売りたいのであれば、まずは一括査定サービスを利用して、どのくらいの値段で売れるのか調べてみると良いです。

一括査定サービスを利用するのなら、おすすめはすまいValueです。大手不動産6社からの査定を一括で申し込めます。もちろん査定は無料です。

住まいバリュー

住み替えまでの先を見越してプランを立てることが重要

空を見上げる男性

最も大切なことは家を売却するだけではなく、先を見越した住み替えまでのプランを立てることです。

何も考えずに家を売却に出しても買い手が見つからなかったり、また、新居のほうが見つからなかったりと、困ってしまうケースもあります。

そうならないように、先を見越したプランを立てることが、とても大切です。

家を売りたいのなら、最短の売却フォローを確認

もし、家を早急に売却したいのなら、売却フローを短縮し、不動産会社へ価格査定の依頼→売買契約締結→決済引き渡しという最短のルートで進めていくのがおすすめです。

通常の売却は、不動産会社に買い手を探してもらいます。しかし、それでは時間がかかり過ぎるかもしれません。

だから、すぐに家を売りたいのであれば、不動産会社が行っている買取も検討してみてください。買取は不動産会社に直接売却するので、かなり短期間で売却ができます。

古い物件ほど買取がオススメ

とくに、築年数が古く手直しが必要な物件は、商品としての魅力が極端に落ちています。そのため、売却に出しても販売期間が長くなるどころか、いつまでたっても売れないかもしれません。

もちろん、手直しが必要ない商品(お部屋)であれば、適正な値段で仲介会社を通じて個人に売却するのがいいでしょう。

売却にするのか買取にするのか……それもしっかりと考えれば、あなたにとって損のないプランを立てられると思います。

関連記事

まとめ:家を売りたいのなら、先を見越したプランを

不動産業者 女性

ここまで家の売却時におけるポイントと、目標達成のためのしっかりとした動機を持つことの重要性をご紹介してきました。

あなたが家を売却しようか検討中であれば、これらを意識し、先を見越したプランを立てていきましょう。

監修者から

家を売る理由を明確にすれば、新居探しの必須条件も明確になります。よって、家の売却から次の家の購入も、スムーズに行えるでしょう。

仲介会社も探しやすくなりますし、住み替え後の満足度も高く無ります。家を売りたいのあれば、まずは家を売る理由を明確にしてから、売却をスタートさせてください。

 

監修者:鈴木 良紀

監修 鈴木

経歴:東京理科大学卒業。大手ゼネコン、ディベロッパー、不動産ファンドを経て、(株)ウィルゲイツインベストメントの創業メンバー。不動産、法律に広範な知識を有し様々なアセットのソリューションにアプローチ。保有資格:宅地建物取引士、ビル経営管理士、一級土木施工管理士、測量士補。執筆活動:投資僧