マンションや一戸建てなどの不動産を複数社にまとめて査定依頼ができる、一括査定サービスが人気です。利用するメリットや注意点を、売買仲介の不動産屋・住宅ローンアドバイザーが伝授します。マンションの売却を考えていて、査定サービスに興味がある方は必見の内容です!

不動産売却時の一括査定のメリットとデメリット

不動産一括査定は賢く使おう

仲介を専門にしている現役の不動産店長である関口さんに、今回も直接スタッフがインタビューしてきました。インタビューしたのは、子供が生まれて最近は手持ちのマンションを売ることを考えている34歳の男性スタッフの「A」。

登場人物

  • 関口さん:不動産歴10年の不動産屋さん店長。資格は宅地建物取引士、損害保険募集人(主に火災保険)、住宅ローンアドバイザー。マンション売買の仲介の営業で埼玉県No1になったこともある売買のプロ。
  • スタッフA:子供が生まれて最近は手持ちのマンションを売ることを考えている34歳の男性

まずはメリットとデメリットをしっかり把握する!

スタッフA

今回住んでいる家を売却しようと思っていまして、不動産一括査定サイトへ依頼しようと思うのですが、どのようなメリットとデメリットがありますか?

関口さん

不動産一括査定サイトは便利で人気ですよね。

メリットと利用するうえでの注意点をAさんにも知っておいて欲しいので、ご説明しますね。

スタッフA

ぜひ、お願いします!

では、まずメリットを教えてください。

関口さん

かしこまりました。ではまずメリットからお伝えさせていただきます。

メリットは、大まかに簡単に言うと相場がわかります。

他にも、不動産会社に何社も出向く手間が省けたり、不動産会社や営業マンの比較ができて、優秀な営業マンに出会える可能性が高くなることですね。

スタッフA

確かに、信頼できる営業マンは大切ですよね。

関口さん

まず相場に関しましては、たとえば、A社に依頼したら2,000万円と査定されました。次にB社に依頼したら2,300万円と査定されました、次にC社に依頼したら2,500万円と査定されました。

こうなると、平均の2,300万円が相場として見れますね。

依頼した会社や担当営業によって変わるものですので、査定会社を増やせば増やすほど、相場がわかりやすくなります。5社に依頼して3社が一緒の価格であれば、そちらが相場となります。

スタッフA

なるほど。

たくさんの会社に依頼すれば、平均を取って相場がわかりやすくなりますね。

関口さん

その通りです。しかし、ここで注意点があります。

それは担当の営業次第で価格が変動しやすくなります。

優秀な営業マンに当たればラッキーですが、営業時代の私の経験ですが、売れている営業マンは自信があるので、強気に高めの査定をすることがあります。

しかし、売れていない営業マンは自信がないので、安めの査定をすることもあります。営業の心理状態ですね。笑

でもこれは実際にあります。

スタッフA

え、そんなことあるのですか?査定って人によるものなのですか?

関口さん

そうです。あくまでその人の感覚です。

実際、大型分譲のマンションなんかでも、似たような物件によって値段が違うものがあるように、あくまで担当の営業マン次第となります。

スタッフA

それは何社かに依頼をして比較しないと不安ですね。

関口さん

そうですね。ですので、一括査定サイトへ依頼するには、これがメリットです。

ちなみに、補足ですが、本当にちゃんとした相場を調べたい場合は、役所やネットにて評価額を調べたり、不動産鑑定士にお願いすることです。評価額とは国が認めている価格のことですね。

しかし、これにはお金がかかります。

一括査定の最大のメリットは、何より無料で出来ることなので、是非一括査定サイトを活用しましょう!

監修者から:不動産鑑定士の評価よりも仲介会社がする査定の方がよりマーケットの状況を反映しております。鑑定評価は役所の不動産の売却価格の妥当性の検証などに使われますが、実際のマーケットとかけ離れた数字が出ている事例を見たことがあると思います。不動産鑑定士の評価も根拠はしっかりしていますが、「いくらで売却出来るか?」という観点ではなく不動産の価値に重きを置いていますので、利用者として注意が必要です。

不動産一括査定サービスのメリット

  • 一括査定のメリットは、相場がわかりやすくなる。(平均を取れる)
  • 複数の業者にまとめて依頼できるので、不動産会社に出向く手間が省ける
  • 不動産会社の比較ができ、優秀な営業マンに出会える可能性が高くなる
  • 何より無料で査定ができる!
スタッフA

わかりました!では続いてデメリットを教えていただけますか?

関口さん

かしこまりました。デメリットお伝えしますね。こちらは注意点がいくつかあります。

まず、一括査定サイトで依頼するわけですから、何社にも依頼するわけです。

そうなると、何社にも同じことを言わなければいけませんし、何社からもその後営業電話が来ます。

実際、私のところでも、査定依頼があったお客様に電話をするように部下に指示しています。笑

スタッフA

一言で言ったら面倒臭いですね。笑

関口さん

そうなのです。笑 何回も同じことを言うので、かなり面倒臭いと思います。笑

次に、いろんな人が査定のために見学に来るので、近隣の方々にすぐにバレます。

公にしている方はいいですが、近隣トラブルなどで売却したい場合には、向かないですね。

スタッフA

なるほど……。うちは大丈夫ですが、人によっては悩みますね。

関口さん

注意点はまだあります。

売却をする際、業者買取ではあまり関係ありませんが、一般的に相場で売りたい場合は、不動産屋に預けなければなりません。これを媒介契約と言います。

媒介契約には3種類ありまして、専属専任媒介、専任媒介、一般媒介とあります。

スタッフA

その3つ、聞いたことがあります!

関口さん

簡単にご説明させていただくと、専属専任媒介とは、預けた不動産屋だけが売却できます。

専任媒介とは、預けた不動産屋もしくは、所有者本人が買いたい人を探せます。例えば友人とかですね。一般媒介は、誰でも売ることができます。専属と専任は1社にしか頼めません。

一般媒介は何社にも頼むことができます。

スタッフA

それであれば、一般媒介で何社にも頼んだほうが良くないですか?

関口さん

一般的にはそう考える方が多いです。しかし、これを深く掘り下げてみましょう。

一般媒介では何社にも依頼できて、誰でも売れるわけですから、不動産屋はやる気を起こしません。

さらに、一般媒介では、販売活動報告の義務がありませんので、中には預かっても放ったらかしの不動産屋もいる始末です。

スタッフA

それでは困りますね……。

関口さん

逆に、専属や専任では、その不動産屋だけが窓口になります。また、専属だと1週間に1回以上、専任で2週間に1回以上の販売活動の報告義務があります。不動産の営業マンのやる気にも繋がります。

よって、一括サイトで依頼した場合、不動産屋みんなが専属専任媒介を提案してきます。

スタッフA

でも依頼できるのは1社だけなんですよね?

であれば1番高い査定をしたところに依頼すれば良いですよね?

関口さん

ふふふ、ひっかかりましたね。笑

スタッフA

え、どういうことですか?笑

関口さん

ここが最大の注意点です。ずるい不動産屋や悪徳不動産屋に気をつけましょう。

一括査定なのに、わざと1番最後に来る不動産屋がいます。この不動産屋は、前に来た不動産屋の査定額を知りたがります。そして伝えます。

そうすると、どこよりも高く査定し、どうにかして預かろうとします。また、中には査定なのに、「希望額はいくらですか?」と聞いてきて、希望額で預かりますよという不動産屋も出てきます。

スタッフA

さすがに、それは怪しいですね……。

関口さん

これらは専属で預かって、頃合いをみて「あまりお問い合わせがないので、値下げしませんか?」と言ってきます。

要は専属専任媒介を取りたいだけです。こういった不動産屋には気をつけましょう。手の内を明かしましたが、ある意味これもテクニックです。笑

専属専任で預かれれば、客付業者がお客さんを紹介してくれれば、売主から仲介手数料はもらえるので、他力本願で仕事ができます。これを共同仲介と言います。

これが狙いの不動産屋も実際多いです。

スタッフA

いやー、そんな不動産屋さんもいるとは……

どうすれば見抜くことができますか?

関口さん

簡単な方法はありませんね。

大手だから安心と言えるわけではありません。

こればっかりは誠意のあると思う不動産の営業マンや、適正価格に近い不動産屋に預けるしかないですね。

不動産一括査定のデメリット

  • たくさん連絡が来てしまうこと
  • 後出しジャンケンのずるい不動産屋や悪徳不動産屋に気をつけること!
スタッフA

注意点を把握して、うまく一括査定を活用する方法はありますでしょうか?

関口さん

個人情報を出したくない!という方のために、匿名で使える一括査定サイトもあります。例えば大手のHome’sが運営している簡易査定サービスは匿名で使えるみたいです。

スタッフA

それは良さそうですね!

関口さん

ただ、あまり査定の精度が高いか分かりませんので、参考価格程度に使ってみるのは良いと思います。

スタッフA

わかりました。参考程度ですね。

関口さん

個人情報を入れるパターンの一括査定の方が、不動産会社の本気度も違うので、査定の信頼性はアップします。

ただ、たくさん連絡が来ることは仕方がないとして、受け入れましょう。

あまりにしつこいところは査定額だけ聞いて、断りましょう。「思ってたよりも査定額が低いので、売るのを辞めた」と言えば、諦めるでしょう。実際私はそう言われたら諦めます。

スタッフA

関口さんも諦めるなら効果ありそうですね……。

関口さん

そして、まず自分で平均を取ります。相場を把握しましょう。

そして、査定には根拠を示さなければならないので、自分が納得できる不動産屋に預けるのがベストだと思います。

スタッフA

わかりました。納得できる査定の根拠ですね。

関口さん

それに、専属専任媒介や専任媒介は、有効期限が最長で3ヶ月です。

ちゃんと販売活動報告をしてくれる不動産屋であれば、3ヶ月の間売れていなくても更新してまた3ヶ月頼むのもいいですし、頼りにならないと思えば、違うところに頼むこともできます。

スタッフA

確かに。3カ月間と割り切れば、思いきれそうです。

関口さん

たくさんある不動産屋からベストな不動産屋を選ぶのはなかなか難しいです。

単純に気に入った営業マンのいる不動産屋に預けてもいいと思います。そして3ヶ月様子をみましょう。その間にわかることも出て来ると思います。

スタッフA

そうなんですね。わかりました!

何社かに頼んで、根拠を出して査定してくれて、誠意のある営業マンにお願いしたいと思います!

ありがとうございました!

関口さん

優秀な営業マンに出会えることを祈っています!

編集部おすすめの不動産一括査定サイト

マンションなどの不動産の売却をお考えの方に、おすすめの不動産一括査定サイトご紹介します。

すまいValue


安心できる一括査定をご希望の方は、大手不動産6社が運営している「すまいvalue」がおすすめです。集客力が高く、すでに獲得している購入希望者の「顧客名簿」が豊富にあります。保有する顧客の中からも候補者を探してくれるので、早期売却につながります。

マンション.navi

マンション特化型の査定サイト。マンション.naviにはマンションの売却を得意とする不動産会社が提携しているため、適切な不動産会社に出会える確率が高いです。

おうちダイレクト

ソニー不動産とYahooが共同で作った不動産一括査定サイトです。ソニー不動産、地元の不動産会社や大手不動産会社が登録してあります。「おうちダイレクト」は自分で売りたい家を登録して、おうちダイレクト経由で買い手が見つかった場合は手数料0円です。

おうちダイレクト公式ページ

まとめ

この記事ではインタビューを通じて、以下のことをお伝えしました。

まずはメリットとデメリットをしっかり把握する!

不動産一括査定サービスのメリット

不動産一括査定のデメリット

編集部おすすめの不動産一括査定サイト

監修 鈴木 良紀
(株)ウィルゲイツ・インベストント勤務。大手ゼネコン、ディベロッパー、不動産ファンドを経て、(株)ウィルゲイツインベストメントの創業メンバー。不動産、法律に広範な知識を有し様々なアセットのソリューションにアプローチ。宅地建物取引士・ビル経営管理士

サイト:https://fudousan.click/


「住みかえ王子」では、家づくりや家探しなどの住みかえの疑問について、アドバイザーに無料でご相談いただけるサービスを提供しております。フリーダイヤルまたはLINEでのご相談も可能です。詳しくは以下をクリックしてください。


マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条