思い出のある実家を売却するのに寂しさを感じる人もいらっしゃるでしょう。できれば売却しない、という選択肢を取りたいと考えているかもしれません。すでに住宅を所有している人にとって、相続で譲り受けた住宅について、住む、売却する、賃貸に出す、のいずれかの方法を取るしかありません。売却をためらっている人にとってどのような方法がベストなのか、解説しています。

相続した実家をどうするか。一番良い方法は何?

実家を売却するのは寂しいと感じる場合

実家を手放すのは寂しいと感じるほとんどの人が実家での生活が長く、様々な思い出があるのだと思います。ただ実家に住まず、売却もせずそのまま放置しておくことは基本的に難しいでしょう。費用がかかるためです。

相続した実家は、住むことの他に、売却するか、賃貸に出す方法があります。具体的にどのような方法を選択するのがベストなのか解説していきたいと思います。

実家を売却するのが寂しいときのベストな方法は?

一番良い方法は人によって異なる

家を売るなら知っておきたい10の心得

実家をどうするのが一番良いかは、人によって異なります。これからいくつかの方法を紹介させていただきますが、一つひとつ検討し、費用がどのくらいかかるか調べながら比較してみてください。

持ち家を売却して、実家に引っ越す

一戸建ての売却査定

まず持ち家を売却して、実家に引っ越す方法が考えられます。すでに住宅を所有していて、仕事や学校の都合など環境が変わっても問題ない場合やこの機に環境を変えたい場合、費用面で問題ない場合などの条件がそろわなければ実家に住むことは難しいかもしれません。

しかしどうしても実家を売却するのに抵抗がある人にとってはベストな方法でしょう。

土地のみを残し、住宅を新しく建てる

建物がなくなることに抵抗があるかもしれませんが、建物がすでに老朽化していたり、広すぎたりとご自身のライフスタイルに合わない場合には住宅を新しく建てることが考えられます。

ただ建物自体に愛着がある人もいらっしゃるでしょう。その場合、建物の雰囲気はそのままに、リフォームやリノベーションをして住みやすい環境に整えることも考えられます。費用はかかってしまいますが、環境を変えてでも実家に住みたい人にとっては向いている方法ではないでしょうか。

末永く大切に住んでもらえる人に売却するか賃貸に出す

賃貸に出す

思い出深い実家を手放すことに抵抗があるかもしれませんが、ご自身か親族の誰かが住まなければ空き家になり、管理が行き届かなければ住むことすらできなくなるかもしれません。また管理ができたとしても不動産を保有していることにより税金や費用がかかります。すでに住宅を所有している場合にはお住まいの住宅と実家それぞれに税金がかかりますので、家計に負担がかかってしまいます。

すでに現在の場所で生活している人にとって、実家に引っ越すのはなかなかできることではありません。その場合、大切に住んでもらえる人を見つけて売却するか賃貸に出す方法が考えられます。実家が三大都市圏や地方都市にあればいいですが、買い手や借り手の少ない地域の場合、なかなか見つからないかもしれません。

自ら買い手や借り手を探すのは難しいでしょうから、基本的には不動産会社に依頼することになるでしょう。売却か賃貸に決めた場合は、信頼できる不動産会社探しから始めましょう。

不動産ではなく、別の形で保存する

不動産の査定

寂しくて実家を売却しにくい場合、家や周辺の様子が分かる写真など、別の形で残しておくのはいかがでしょうか。記憶に残しておきたいことを写真ごとにコメントし、一冊のアルバムにまとめておくのもいいかもしれません。実家を売却するのは寂しいけど、費用面でやむなく手放さなければならない人にはお勧めです。

売却もせず、放置してしまうことだけは避ける

空き家のままだと家がダメになる

実家を手放すのに抵抗があるからと言って、何もしないで空き家のままにしておくと建物の価値は下がる一方です。管理者がいないと、いたみによる建物の倒壊など、近隣住人にも迷惑がかかる可能性があります。

空き家でも費用がかかる

実家を定期的に管理するには費用がかかります。また不動産を所有していることで固定資産税等も支払わなければなりません。

売却するにしても地域によっては売れるまでに数カ月から数年かかることも考えられます。金銭的に余裕があるうちに決断した方が納得できる方法で実家を明け渡すことができるのではないでしょうか。

実家をどうするかは、中長期的な視野も必要

寂しいという気持ちだけでは家計に悪影響も

実家を手放すかどうかは、金銭的な負担も考える必要があります。手放しがたく、空き家として維持するのであれば、管理費や維持費が必要となります。その場合、どのくらいお金がかかるか、大規模修繕はいつするか、など計画を立ててみて判断する必要があるでしょう。なるべく早く計画を立て、決断することをお勧めいたします。

マンション売却を考えているものの、何から始めて良いのか分からない方へ
マンション売却の査定をする前に

マンションの売却は一生に一回あるかないかの事です。非常に大きな金額になりますので「なるべく高く早く売りたい」という方は多いと思います。

そのために一番大切な事は「査定」で売却を依頼する不動産会社を見極める事です。ここからはその査定をする前に必ず読んでおいて頂きたいマンション売却20ヶ条をお話します。

マンションを売却する前に必ず読みたい20ヶ条
独立系 FP
ファイナンシャルプランナー(CFP®)子育て世代を中心に、公務員や自営業者、上場企業の従業員の方々から関する相談を受けている独立系ファイナンシャルプランナー。FPや宅建の資格講師もしている。