ホーム 著者 著者: 逆瀬川 勇造

逆瀬川 勇造

58 投稿 0 コメント
地方銀行にてリテール業務に2年間従事後、不動産会社にて6年間新築住宅や不動産売買、土地仕入れに携わる。それらの経験を活かし、金融に強い不動産ライターとして記事を執筆。宅建士/2級FP技能士(AFP)/相続管理士。
住宅に説明する営業マン

不動産購入のベストタイミングはいつ?検討中のあなたが知るべき...

不動産購入のベストタイミングはいつなのでしょうか?不動産は一生で一番といってもよいほど高額な買い物のため、購入を検討していたとしても、本当に今購入すべきなのか迷ってしまうという方は多いでしょう。本記事では、家の購入タイミングについてライフステージ毎の特徴をお伝えすると共に、不動産購入検討中の方にお伝えしておきたい3つのポイントをご紹介します。
見積もり、査定

トラブル回避のために!マンションの売買契約の解除方法を知る

マンションの売買契約の解除方法について解説していきます。マンションの売買契約後、何かしらの理由があり契約解除したいと思うこともあるでしょう。実際に、売買契約後の契約解除はよくあることです。しかし、契約内容や契約解除のタイミングによっては損してしまうこともある点に注意しましょう。
田舎

実家が空き家になったらどうする?不動産の専門家が解説します

実家を相続したはいいものの……現在は空き家の状態。今後もどうして良いのかわからない。そんな悩みを抱えている方に向けて、空き家を放置するとどうなるのか、相続した実家をどのように管理・活用していけば良いのか、お伝えしていきます。物件を持て余している方は、是非ご一読ください。
不動産物件を探す女性

不動産売却!確定申告不要のケースをわかりやすく解説

これから不動産売却しようとしている方に向けて、確定申告をしなくてはならないケース、確定深刻不要のケースをそれぞれお伝えします。また、譲渡所得の計算方法や譲渡所得がマイナスでも確定申告したほうが良いケースも。不動産売却の際には確定申告が必要か不要か、是非知っておいてください。
ポイント

知らなきゃ損する!不動産売買の仲介手数料を最安にするための3...

仲介手数料について簡単に仕組みを解説すると共に、最安にするための3つのポイントをご紹介していきます。仲介手数料は、不動産の売買を不動産会社に依頼すると支払う必要があるもの。支払うべきものだと分かっていても少しでも安くしたいと思いますよね。それなら、この記事で紹介している情報を役立ててください。
マンションのパンフレットと申込書

家を買うとき、年収はいくらあるとよい?年収ごとの注意点など解...

家を買うにはローンを組む必要がありますが、どのくらい年収があれば家を買うことができ、また年収がどのくらいの時、どの程度の価格の家を購入できるのでしょうか。本記事では、年収200万円~500万円台の場合、それぞれどの程度の家を購入できるか解説します。
不動産やマンションの購入、査定

マンション転売で利益を得るためのコツ

マンション転売で利益を得るためのコツをいくつかの項目に分けて解説する記事です。都心部を中心にマンションの価格が上昇しています。マンションの価格上昇が起こっている地域では、マンションでの転売で利益を目指す方もいるでしょうから参考にしてください。
住宅販売

住宅ローンが払えない人向け:任意売却についての基礎知識

住宅ローンを払えなくなった人や、返済が厳しく感じ始めている方に向けて、任意売却に関する基礎知識を解説していきます。本記事を読むことで、住宅ローンが払えなくなったとき、競売がいいのか任意売却がいいのかについて判断できるようになるでしょう。
家を案内する女性

マンションを売る前に『やるべきこと』と『知っておくべきこと』...

マンションの売却は大きなお金が絡む問題なので、慎重に進めることが大切です。とはいえ、マンションを売るのは初めてという方も多く、どのような点に気を付ければいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。本記事では、マンションを売る前にやるべきことや知っておくべきことについてお伝えしていきます。
マンション

マンション査定:プロが値段を決める本当のポイントとは?

マンションの売却を進める際、最初に不動産会社にマンション査定を依頼する必要があります。このとき、不動産会社はどのようなポイントを見て値段を決めているのでしょうか?本記事では、マンション査定におけるプロが値段を決めるポイントをお伝えしていきます。
不動産やマンションの購入、査定

不動産申込のキャンセル:違約金と注意点をケース別に紹介

不動産売却・不動産買取・不動産購入3つのケースに分けて、それぞれ違約金の取り扱い注意点などご紹介していきます。不動産申込後に、事情がありキャンセルすることもあるでしょう。キャンセルするとどのような扱いになってしまうのか……これから不動産申込する予定の方は必ずチェックしてください。